2018年にダークネット市場に送信されたビットコインの総価値が70%増加

ニュース

118日に発表されたChainalysisレポートによると、昨年の間にダークネット市場に送られたBitcoinBTC)の価値は70パーセント増加したとしている。

Chainalysisのレポートでは、ダークネットの活動はBitcoinの価格行動の影響を比較的受けず、価格が下がっても必ずしも下がるわけではないと指摘している。レポートに含まれているデータによると、2018年にダークネット市場取引の価値とビットコインの市場パフォーマンスの関係は逆だった。

2018年に、ダークネット市場に送られた総価値は70%の顕著な増加を見ましたが、総Bitcoin経済取引価値は年間を通して落ちていた。

Chainalysisのデータによると、ダークネット市場での取引の総ドル価値は2011年以来着実に上昇しているが、一般的な価値は2017年に7700万ドルでピークに達し、2018年には6300万ドルに約14パーセント減少した。

2018年までは、2017年半ばに人気のあるダークネット市場Alphabayが閉鎖されたことが原因で、ダークネット市場の活動は60%減少したと伝えられている。

報告書はまた次のように述べている。

「ダークネットの活動は、閉鎖後も増加するといういくつかの証拠があります。」

それでも、Chainalysisのデータによると、2017年でさえ、ダークネット市場に送信されたBitcoin商取引の割合は、2012年に6%を超えてピークに達した後、わずか1%だった。 2012年のピーク以来、ダークネット市場へのBitcoin取引のシェアはほぼ着実に減少している。

Cointelegraphが昨年12月に報じたように、約1カ月前に亡くなったCypherpunks共同創設者だったTimothy C. Mayは、彼のCrypto Anarchist Manifestoで、

「暗号の無秩序は国家機密の自由な取引を許し取引される材料を盗みました。」

としていた。20183月に発表された熱心な分析では、Cointelegraphは、現金、特に米ドルが違法な商品やサービスの好ましい支払い方法であることを指摘しているさまざまな情報源からのデータを報告しました。

同報告によると、Bitcoinの半分がある段階で違法な購入に使用されているが、米ドル紙幣の90パーセントにはコカインの痕跡が残っている。

201410月に、ダークネット市場検索エンジンGramsの創設者は、結論を出す前に、「ダークネットは主に政府の専制政治と戦うために作成された」と宣言した。

「ダークネットは犯罪行為ではなく、自由を促進します。」