Android用ブラウザのオペラで直接イーサリアム購入が可能に!北欧3か国でスタート

ニュース

Android用ブラウザのオペラで直接イーサリアム購入が可能に!北欧3か国でスタート

ノルウェーのブラウザメーカーであるOpera Software ASA(以下、Opera)は、同社のAndroid版モバイルブラウザである「Opera for Android」が、ユーザー自身のスマートフォンで仮想通貨Ethereum(ETH)を直接購入できるようになったと発表しました。

まずはこちらの動画をご覧ください。

Operaは、スウェーデンのオンライン仮想通貨仲買業者であるSafello(サフェロ)とパートナーシップを締結した事を発表し、これにより、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク在住のユーザーが先立ってこのサービスを利用することが可能になりました。

このパートナーシップを締結したSafelloは2013年にスウェーデンで設立され、スウェーデンの金融監督局(FSA)にも登録されている企業です。

同社はスピードと使いやすさに焦点を当てたサービスを提供しており、Safelloで仮想通貨を購入するプロセスは1分以内で完了するという特徴があります。

今回の発表でOperaの仮想通貨分野担当でありプロダクトリーダーを務めるCharles Hamel氏は、

「私たちはブラウザがこれらのユースケースのエントリーポイントになると信じています。Safelloとのパートナーシップのおかげで、私たちはこのビジョンに向けてもう一歩踏み出しています。」

と述べました。

2018年7月、OperaはメジャーなWebブラウザとしては初めて仮想通貨ウォレットを実装し、Ethereum Web3 APIをサポートすると発表。

Operaはこの機能を実装する事により、ユーザーが個別の仮想通貨分散型アプリケーション(DApps)ブラウザーや、仮想通貨ウォレットエクステンション(プラグイン)をインストールする必要がなくなると発表しており、その機能強化に期待する声も多く上がっていました。

イーサリアム(Ethereum・ETH)の特徴・詳細とは?|今さら聞けない特徴解説