【仮想通貨】『DAICO』とは?【用語集】

初心者向けの基本知識

【仮想通貨】『DAICO』とは?【用語集】

DAICO(読み)だいこ

DAICOとは、イーサリアムの共同創始者の1人であるヴィタリック・ブテリン氏が提案した、不正ICOを防ぐための新しいICOの仕組みのことで、

DAO(Decentralized Autonomous Organization:非中央集権の自律的な組織)とICO(イニシャルコインオファリング)という2つの言葉合わせた造語です。

現在、さまざまなICOプロジェクトがありますが、そのICOすべてが「健全」なものというわけではなく、詐欺まがいのものや計画が杜撰なものも多くあることが問題になっていました。

そうした状況から、投資家やユーザーを守ろうとする仕組みがDAICOです。

DAICOを使用してICOを行う際、資金調達を行いたい企業はプロジェクト内容とトークンをイーサリアムブロックチェーン上に登録して公開を行います。

そして投資家は、イーサリアムを送金することでそのトークンを購入するという流れです。

その際、ブロックチェーン上に集まったイーサリアム(調達資金)は、TAP(1秒間に引き出すことができる金額)という単位に従った金額しか引き出すことができないため、プロジェクトを推進している企業が自由に使えない仕組みになっています。

トークン保有者は、プロジェクトが順調に進んでいるかを、その都度判断して、もしも将来的に期待が持てないと感じた場合には、TAPを引き下げたり、プロジェクトを閉鎖することが出来ます。

そうすることで、企業側が調達した資金を使い切ってしまう前に、投資家は残っているイーサリアムを回収することができます。

【仮想通貨】『ICO』とは【用語集】