「持っているのはビットコインだけ」ツイッターのCEOがライトニングトーチに参加

ニュース

「持っているのはビットコインだけ」ツイッターのCEOがライトニングトーチに参加

ツイッターの共同創設者かつCEOであるJack Dorsey氏は、ビットコインの大ファンであり、所有する仮想通貨は”ビットコインだけ”だと自身のツイッターで公言しています。

「ビットコインはインターネット上の通貨として理想的で、ビットコインが原則であり素晴らしいブランドだ」

「ビットコインがインターネット上のネイティブな通貨になる事を望んでいる」

ライトニング・ネットワークを利用したビットコイン送金方法

Dorsey氏は1月中旬から「ライトニング トーチ(Lightning Torch)」というライトニング ネットワーク(Lightning Network)を利用したビットコイン送金のコミュニティに参加しています。

ビットコインは、送金の取引件数が増えるとトランザクションに時間がかかり、送金手数料が高騰してしまうという課題(ブロックサイズ問題 or スケーラビリティ問題)を抱えていますが、このライトニングネットワークは、それを解決するために開発された技術で、

「ライトニングトーチ」はこの新技術の普及に貢献するために、ライトニングネットワークを利用した送金にツイッターを使用するという活動です。

実際に個人同士で送金する場合は、ツイッターで送金の約束と手段を事前に取り付けておき、送金はライトニングネットワークを使って即時送金を完了させます。

ライトニングネットワークはまだ実験段階ですが、この新技術が実装されれば従来のビットコインの取引承認時間を大幅に短縮し、送金手数料を引き下げる事ができるようになると期待されています。

サイドチェーンってなに?