仮想通過リスク(LSK)の特徴や開発目的、仕組みについて徹底解析

アルトコイン

仮想通貨リスク(LSK)はアルトコインの中でも人気が高いこともあり、国内の大手取引所でも取り扱いがあります。

イーサリアムと比較されることも多く、気になっている方も多いかもしれませんね。

この記事では、そんなLisk(LSK)の特徴や概要について解説していきます。

仮想通貨Lisk(LSK)の開発目的や用途

リスク(LSK)は2016年にリリースされた仮想通貨で本部はスイスにあります。

開発拠点はドイツのベルリンです。

リスク(LSK)はイーサリアム(RTH)のセキュリティ面における脆弱性を克服した通貨として注目されていますね。

分散型アプリケーションDAppsを採用しており、中央管理者なしでアプリケーションを分散管理しているため、使用変更などの意思決定に係わることも可能です。

従来の中央集権的なアプリケーションでは、管理者による不正やハッキング、システムダウンなどの課題があったのですが、その問題点を解決した部分も特徴です。

仮想通貨リスク(LSK)の特徴

まずはじめに、覚えておいて頂きたいのは、Liskとは仮想通貨の名称ではなくプラットホームを指します。

そして仮想通貨はLSKとなりますので、この違いはあらかじめ押さえておきましょう。

Liskの仕組みを理解する上で重要な要素が3つあるので、1つずつご説明していきますね!

スマートコントラクト技術の採用

ブロックチェーン技術によってインターネット上に、送金データを改ざん困難な状態で記録することができるようになりました。このブロックチェーン技術を応用して作られたのがスマートコントラクトです。

スマートコントラクトは特定の条件を定義付け、さらに複雑な情報を記録して様々な取引を自動で実行できるようにする仕組みです。

契約をプログラミングに基づいて自動的に実行させて、それによって決済時間の短縮や不正防止、コストの削減ができると期待されています。

今までに人の手を介さなけれなできなかった処理が自動でできるようになるということですね。

サイドチェーン

メインのブロックチェーンとは別にサイドチェーンと呼ばれる技術を活用しています。サイドチェーンはブロックチェーンと連動させているので、メインチェーンの機能拡張やメインチェーンの技術を活用してオリジナルの仮想通貨をサイドチェーンで発行することも可能です。

個々のサイドチェーンが独立して稼働するので問題が生じた場合でもメインチェーンを修正せず、問題部分だけを修正すればいいので修復の対応が早いのも特徴の一つです。

またブロック承認の時間短縮になり、さらにセキュリティーが強化されるなどのメリットもあります。

Liskとイーサリアム(RTH)との最も大きな違いはこのサイドチェーンにあるといえます。

DPoS

マイニングに関しては、LiskではDPoSと呼ばれるアルゴリズムを採用しています。

これは取引承認を行う101人の代表者を選出して、代表に選ばれた者が取引の承認を行うごとに取引手数料と新規発行されるLSKを報酬として受け取ることができる仕組みです。

101人の代表者はLSKの保有者の中から投票で選出されます。投票権はLSKの保有量に応じて割り当てられており、投票によって選ばれた101人の承認者は割り当てられた順番に応じて取引承認を行っていきます。

仮想通貨リスク(LSK)の将来性について

Liskには5つのフェーズがあり、今後もそれに向けて開発がスムーズに進んでいけば価値が上昇していくでしょう。

・Inception

メインチェーンを安定させる、Lisk App SDKシステムへの移行とその安定化

・Resilience

ロゴ、公式サイト、UIを含めたシステムの再構築

・Expansion

サイドチェーン、スマートコントラクトの強化、第三者機関による技術的サポート

・Ascent

PoSの導入と安全面やスケーラビリティの変更

・Eternity

投票システム導入などシステム統合を行う最終段階

リスク(LSK)の時価総額はイーサリアム比べると水準的には低いのですが、サイドチェーンを採用しているなど、他の仮想通貨にはない技術もあるため、これからも注目しておくべき通貨といえるでしょう。

仮想通貨リスク(LSK)の取り扱い取引所

仮想通貨リスク(LSK)は、人気の高い仮想通貨なので国内ではBitFlyerとcoincheckでも取り扱われています。

海外では世界でも大手の中国系取引所Binance(バイナンス)でも取り扱いがあるほか、様々な取引所で取り扱いがあるので、比較的手に入れやすいアルトコインと言えます。

まとめ

仮想通貨リスク(LSK)はイーサリアムにはない技術が実装されており、その中でもサイドチェーンはアプリのアップデートなどが容易にできることもあって、ハードフォークを行うことなく技術の開発が進めやすい仮想通貨であるということがわかりました。

また、LiskではJavascriptというプログラミング用語を活用しているので、Liskの開発に参加しやすかったり、Liskを活用してのDAppsを形成しやすいなどのメリットもあります。

これからも目が離せない仮想通貨ですね。

おすすめの海外取引所情報

Binanceは、世界一の取引量、手数料の安さ、取扱銘柄の多さなど、様々な優れている点がありますが、

Binanceを最もオススメする理由は、セキュリティの高さです。

どの取引所においても、悪意のあるユーザーから日々攻撃を受けていますが、それに対するBinanceの迅速な対応には目を見張るものがあります。

また、非中央集権型取引所(DEX)の開設も目指しており、今後をさらに期待されている取引所なので、必ず登録しておいて頂きたい取引所の1つです。