PCHAIN(ピーチェーン/PI)の特徴とは?|イーサリアムの課題を解決するためのプロジェクト

アルトコイン

PCHAIN(ピーチェーン)は、簡単にいうとイーサリアムの課題を解決するためのプロジェクトです。

Ethereum(イーサリアム)は、DApp(分散型アプリケーション)の作成や、それを展開するためのスマートコントラクトを実行することができます。

しかし、スマートコントラクトのためのブロックチェーンシステムには、

実用化に向けて3つの大きな課題があるといわれています。

その3つの課題とはなにか?

また、その課題の解決に向けてPCHAIN(ピーチェーン)はどのような機能を実装しているのか?

といったことについて、これから詳しくみていきたいと思います! 

PCHAIN(ピーチェーン/PI)の特徴

基礎情報

 

背景

現在、スマートコントラクトのためのブロックチェーンシステムは、3つの大きな課題に直面しているといわれています。

それぞれ簡単にご説明していきます。

1)統一の効果的なデータベースが無い

ビットコインのエコシステムは、すべてのデータがシステム内で生成されるので、データの妥当性や信頼性についての問題は発生しません。

しかし、スマートコントラクトの環境では、システムの外部からデータを得る必要があるため、そのデータの妥当性や信頼性が、たびたびスマートコントラクトの遅延や障害の要因になっています。

スマートコントラクトをサポートするブロックチェーンの主な目的は、通貨の流れを記録するだけでなく、実際の合意されたルールをスマートコントラクトに変換することです。

スマートコントラクトがブロックチェーンに展開された後は、既存のルールを自由に変更することはできず、契約はルールに従って自動的に実行され、誰も介入することはできません。

そうした利点から、現在さまざまな業界で、中央データベースに記録されたデータをブロックチェーンに記録したり、以前の人間の仲介ルールを機械コードに変換したりするだけでなく、より洗練されたスマートコントラクトを開発し始めています。

しかし、ブロックチェーンデータとトランザクションが複雑になり、アプリケーションの規模も拡大していく一方で、それぞれが使用するデータベースのまとまりがないため、統合されたデータベースの必要性が叫ばれています。

2)大規模な取引に対するサポートの不足

Ethereumを例にとると、Ethereum1秒間に13トランザクションを処理していますが、

一般的に現在のブロックチェーンは、サイズの面で、主流のソーシャルアプリケーションと比較すると程遠いのが現状です。

また、メカニズムの面でも、大規模なトランザクションに対するサポートが十分ではありません。

また、現在すべてのDAppのトランザクションは、同じブロックにパッケージ化されていますが、ある DAppがあまりにも多くのトランザクションを送信し、時間内に新しいブロックを形成できない場合には、

他のDAppのトランザクションもそのブロックに入ることができず、すべてのDApp時間内に応答できなくなってしまうという問題を抱えています。

3)クロスチェーン需要の増加

様々なブロックチェーンが開発されているなか、それぞれに互換性がないため、各通貨を交換するためには取引所を経由する必要があるのですが、コストや手間がかかるうえ、リスクも高まります。

しかし、クロスチェーンがそれぞれ互換性のなかったブロックチェーン同士を繋げることで、それらを直接交換することができるようにするため、その需要が増加しています。

しかし、スマートコントラクトのデータについての互換性となると、その対処は簡単ではないため解決が求められています。

目的

PCHAINネットワークは、マルチチェーンアプリケーションとEVM(イーサリアム仮想マシン)をネイティブでサポートするインフラストラクチャレベルのパブリックチェーンシステムです。

業界のサードパーティ開発者にオープンでスケーラブルなプラットフォームを提供し、スマートコントラクトに基づく大規模エンタープライズアプリケーションを可能にすることで、

先ほど挙げたデータベースの課題やスケーラビリティの課題、互換性の課題を解決しようと試みています。

EVM(イーサリアム仮想マシン)

イーサリアムのブロックチェーン上にある仮想マシンのこと。

エンタープライズアプリケーション

例えば、商品管理システムや販売管理システムのように、企業内のいろいろなコンピュータ・システムをより効率的に使うためのソフトのこと。

3つの技術

この目的のため、PCHAINネットワークは基盤となる3つのコアテクノロジーを実装しています。

1Invocation of Smart Contract for Non-native Tokens

PCHAINネットワークが提供するツールキットを使用すると、

他のチェーンの非ネイティブトークン(取引所で取り扱われていないトークン)を使用して、PCHAINネットワーク上のスマートコントラクトを呼び出すことができます。

また、PAIトークンはこれを実行する際に消費されます。

2Consensus of Sharding

現在、一般的なPoWベースのパブリックブロックチェーンでは、BitcoinネットワークでもEthereumネットワークでも、マイニングにかかる​​時間はトランザクションの実行と検証にかかる時間をはるかに超えています。

そのためイーサリアムではPoSを採用しているのですが、結局のところ、ネットワーク全体で1つのノードの能力しか利用できないため、しばしばトランザクションが遅延してしまいます。(=スケーラビリティ問題

そのためPCHAINネットワークは、さまざまなレベルでシャーディングメカニズムを導入することで、PoSの効率を向上させることを可能にします。

シャーディング

データを複数のサーバに分散させる機能のこと。

3Knowledge Graph and Smart Data

スマートコントラクトの開発には、天気予報や交通情報、株価などの情報を、ブロックチェーンの外部から取得する必要がありますがそのデータの有効性に左右されてしまいます。

そこで、PCHAINネットワークは、RDFをブロックチェーン上のデータベースに書き込むことで、信頼度の高いスマートデータを形成し、

そのデータを、様々なスマートコントラクトや、クロスチェーンで繋いだ他のブロックチェーン使用することを可能にします。

また、スマートデータは、ブロックチェーンとAIの間の仲介役として役立つことや、ブロックチェーンとビッグデータの統合を可能にするため、

分散知識グラフの構築をはじめ、分散型のQ&Aや市場の予測、ソーシャルネットワーク、デジタルIDなど、幅広い分野で使用できる見込みがあります。

RDFResource Description Framework

情報の関係を主語、述語、目的語という3つの要素に分類し、その関連性を特定の書式に従って記述すること。

開発状況

公開されているロードマップは以下の通りです。

  • 20183月:PCHAIN Position Paperが完成。
  • 2018年10月:Dewdrop Stage:アカウントシステムをサポートするPCHAINコアシステムの開発とスマートコントラクトの展開を完了し、テクニカルホワイトペーパーを発行。オンラインでメインチェーンのテストネットを実行。
  • 20193月:River Stage:メジャーネットワークで製品を公開・外部APIWikiの完全な文書。
  • 20196月:Sea Stage:知識グラフの機能を拡張し、データブロックチェーンと外部開発インターフェースのサポート。
  • 2019年9月:Ocean stage:いくつかのブロックチェーンアプリケーションプロジェクトを発表。

最近の情報では、2019年1月3日に、中国のトップタクシー上場企業である Qiangsheng ホールディングとのスマートデータとスマートビークルのための戦略的な契約が発表されています。

また、外部バリデータが配備されるなど、大規模なブロックチェーンアプリケーションの構築に向けて順調にプロジェクトが進行しているように見受けられます。

PCHAINは、イーサリアムのEVMをサポートする初めてのプロジェクトとしてスタートしましたが、Polkadotなどよく似ているプロジェクトも存在します。

しかしながら、イーサリアムが現在抱えている課題の解決には必要な開発であることには変わりがないため、

今後楽しみなプロジェクトであることは間違いありませんね。

 

4/24追記

PCHAINがBinance(バイナンス)の独自チェーンであるBinance Chainをサポートすることが発表されました。

Binanceを含めて今後の展開に注目ですね!

なお、現在、PCHAIN(PI)はBibox取引所で購入することが出来ます。

 

『Binance DEX』が正式ローンチ|Binance Chain/DEXとは?

おすすめの海外取引所情報

Binanceは、世界一の取引量、手数料の安さ、取扱銘柄の多さなど、様々な優れている点がありますが、

Binanceを最もオススメする理由は、セキュリティの高さです。

どの取引所においても、悪意のあるユーザーから日々攻撃を受けていますが、それに対するBinanceの迅速な対応には目を見張るものがあります。

また、非中央集権型取引所(DEX)の開設も目指しており、今後をさらに期待されている取引所なので、必ず登録しておいて頂きたい取引所の1つです。