Mithril(ミスリル/MITH)の特徴とは?|分散型ソーシャルメディアプラットフォーム

アルトコイン

Mithril(ミスリル/MITH)の特徴とは?|分散型ソーシャルメディアプラットフォーム

Mithril(ミスリル/MITH) は、Binanceの独自ブロックチェーンである「Binancechain」へ移行される初のプロジェクトで、この発表時には一時価格が約60%アップして話題になりました。

Mithril(MITH)はこれまで、イーサリアムベースのERC20トークンとして提供されていましたが、チェーンの移行によりBEP2ベースのトークンへと変換されました。

そこで今回は、Mithril(MITH)の概要と特徴をおさらいしながら、チェーン移行にともなって変わったことを分かりやすく解説します。

Mithril(ミスリル/MITH)の特徴

基本情報

通貨名 Mithril
通貨単位 MITH
公開日 2014年月日
総発行枚数 1,000,000,000 MITH
公式サイト https://mith.io/en-US/
ホワイトペーパー https://mith.io/whitepaper.pdf
medium https://medium.com/mithriltoken
twitter http://urx2.nu/VYyF
Facrbook http://urx2.nu/2vKo
reddit https://www.reddit.com/r/MithrilToken/?utm_content=181011_officialwebsite
Telegram https://t.me/MithrilChat?utm_content=181011_officialwebsite

Mithril(MITH)の特徴

Mithril(MITH)は、分散型ソーシャルメディアプラットフォームとしてサービスを提供しており、プラットフォーム上でコンテンツを作成することで報酬を得られるという新しい価値を生み出しました。

Mithril(MITH)の主なプラットフォームは「PiePie」「Lit」というスマートフォンアプリですが、その他にも提携しているサービスでMITHトークンの利用が可能です。

それでは、Mithril(MITH)の特徴を見ていきましょう。

コンテンツを作成することでマイニングできる

Mithril(MITH)では、独自のプラットフォーム上でコンテンツ作成することで、MITHトークンで報酬を得ることができるという特徴を持っています。

ビットコインのように高性能なコンピューターを用意しなくても、手軽にマイニングができるのです。

簡単に表現すれば、TwitterやInstagramで「いいね」をもらう感覚で「MITH」を稼げるということですね。

もちろん、MITHは仮想通貨であり、仮想通貨取引所ではその他のコインと交換できますが、自身が生み出すコンテンツだけで資産を稼げる仕組みにもなっており、報酬を得られる条件は次のようなものです。

  • いいねの数
  • 閲覧された回数
  • 視聴時間
  • 投稿数…など

マイニングしたMITHで、サービスや実店舗での決済が可能

マイニングで得たMITHには法定通貨と交換できる価値がありますので、仮想通貨取引所での換金や、提携しているその他のコンテンツ、また実店舗での決済に利用できます。

Mithril(MITH)では、普段のつぶやきや写真などの投稿でトークンを稼ぎ、それを利用してサービスを利用するという、一つの経済圏を作り上げているのです。提携しているSWAG.liveは150万人以上のアクティブユーザーを誇るコンテンツです。

Mithril(MITH)との提携サービスは徐々に増えていますが、中でも成人向けソーシャルメディアコンテンツのSWAG.liveは、すでに150万人以上のアクティブユーザーを有しており、2019年の第2四半期からMithril(MITH)での決済を導入する予定です。

既に多くのユーザー数を持つコンテンツがMithril(MITH)を導入することで、その流通量は爆発的に増えることが予想されます。

Binance Chainへの移行で変わったこと

今回、イーサリアムベースのトークンから、BinanceChainへ移行されたことで大きく変わった点についてチェックしておきましょう。

MITHを取引する基盤が変わった

Mithril(MITH)はそもそも、イーサリアムベースのERC20というトークンで発行されていました。これは、多数のその他ICOでも利用された方法と同じです。

イーサリアムをベースにしたERC20トークンは、イーサリアムの仕組みを利用して発行されています。ユーザーである私たちが実感できる事象の一つとしては、ETHを管理するウォレットのMyEtherWallet(マイイーサウォレット)でも管理ができる、ということです。

今回、イーサリアムベースのERC20トークンから、Binance ChainのBEP2ベーストークンに移行されたことは、MITHが取引される基盤が変わったということになります。

ユーザーとしてはその違いを強く意識することはありませんが、チェーンが移行されるということは、仕組みが大きく変更されたということです。

公共の交通網で例えるなら、バス路線しかなかった地域に、電車が開通したほどのインパクトなのです。

使い勝手はそのままに、利用者層の増加と、利便性が向上されたと言って良いでしょう。

手数料が「Gas」から「BNB」へ変わる

Binance Chainへ移行したことにより、利用するための手数料単位も変わります

イーサリアムベースのERC20トークンでは、送金などの取引の際に「Gas」と呼ばれる手数料を支払いますが、Binance Chainでは、Binanceの独自トークンである「BNB」が手数料として利用されます。

これも公共の交通網で例えるなら、路線によって券売機が違うというイメージです。

Binance Chain移行への期待から価格が大幅上昇した

Mithril(MITH)がBinance Chainへ移行するというニュースは、Mithril(MITH)への大きな期待値となりました

その期待は、Binance Chainへの移行発表後に、Mithril(MITH)の価格が約60%も上昇するという現象が起きるほどです。

今や世界一の仮想通貨取引所とも言えるBinanceの独自チェーンに参加するということは、セキュリティや速度の向上はもちろんのこと、仮想通貨にとって最も重要な“信頼性”を得たと言っても過言ではないでしょう。

Mithril(MITH)がBinance Chainに移行決定!MITHトークンの概要とその特徴を解説します! ~まとめ~

Mithril(MITH)は、分散型のソーシャルメディアプラットフォームとして、プラットフォームを利用する全てのユーザーに新しい価値を提供しています。

プラットフォーム上でコンテンツを製作することでマイニングできるMithril(MITH)は、その他提携するコンテンツでの決済に利用でき、Mithril(MITH)だけの経済圏を生み出しました。

仮想通貨とブロックチェーン技術が目指す一つの価値を、独自のプラットフォームで形成したのです。

更に、Binance Chainへ移行することにより、独自チェーンを持たなかったサービスとしては、確固たる基盤を持ったと言えるでしょう。

Mithril(MITH)は、既に確立している信頼性の上に、「Binance Chainベース」とういう大きな期待を持つプロジェクトになり、今後も注目すべき”仮想通貨“に成長したと言えるでしょう。

Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)の特徴とは?|世界最大級の取引所が発行する取引所トークン

【仮想通貨取引所】Binance(バイナンス)の特徴

おすすめの海外取引所情報

Binanceは、世界一の取引量、手数料の安さ、取扱銘柄の多さなど、様々な優れている点がありますが、

Binanceを最もオススメする理由は、セキュリティの高さです。

どの取引所においても、悪意のあるユーザーから日々攻撃を受けていますが、それに対するBinanceの迅速な対応には目を見張るものがあります。

また、非中央集権型取引所(DEX)の開設も目指しており、今後をさらに期待されている取引所なので、必ず登録しておいて頂きたい取引所の1つです。