Polkadot(ポルカドット/DOT)の特徴とは?|様々なチェーンを連結するマルチチェーンテクノロジー

アルトコイン

Polkadot(ポルカドット/DOT)の特徴とは?|様々なチェーンを連結するマルチチェーンテクノロジー

2017年10月のトークンセール時、約160億円もの調達に成功したPolkadot

Polkadotは、イーサリアムの作成中心メンバーであるGavin Wood氏を中心とする組織(web3)による最初のプロダクトになります。

そのため、その将来性に期待している人も多いと思いますが、Polkdotは現在、日本語で解説しているサイトも少なく、なかなか理解しづらいのが現状です。

そのためこの記事では、Polkadotの概要やその特徴、Polkdotのトークンについて解説していくほか、その今後についても解説していきます。

Polkadot(ポルカドット/DOT)の特徴

基礎情報

通貨名 Polkadot
通貨単位 DOT
総発行枚数 10,000,000
トークン規格 ERC20
公式サイト https://polkadot.network
ホワイトペーパー https://polkadot.network/PolkaDotPaper.pdf
Telegram https://t.me/PolkadotOfficial
Twitter https://twitter.com/polkadotnetwork
GitHub https://wiki.polkadot.network/en/latest/polkadot/learn/implementations/

概要

Polkadotは以下の3つのブロックチェーンにより構成されるプラットフォームです。

  1. Relay Chain : 異なるブロックチェーン同士での取引を中継する役割を持つ。
  2. Parachain : Polkadotのネットワーク上でPolkadotの技術を用いて作られているブロックチェーンのこと。
  3. bridge : Polkadotの技術やルールを使わないで作成されているブロックチェーン(ETHやBTCなど)を繋ぐためのもの。

また、Polkadotはブロックチェーンに対する解決策を2つ提示しています。

1.異なるブロックチェーン同士を繋げる

ブロックチェーンは便利で革新的な技術ですが、まだ問題点をいくつか抱えており、その一つに異なるブロックチェーン同士ではやり取りが不可能であることがあります。

しかし、Polkdotの技術を使えば、様々な異なるブロックチェーン間でのやり取りが可能になります。

様々な異なるブロックチェーンを繋ぐことができると、ある一つのブロックチェーンのデメリットをもう一つのブロックチェーンで補完することができるので、Dappsの可能性も広がります。

2.スケーラビリティ問題に対処することができる

多くのブロックチェーンでは一つのブロックを生成するのにある一定の時間がかかるため、利用者が増え取引が増加すると、その分トランザクションの処理に時間がかかるというスケーラビリティ問題を抱えています。

しかし、PolkadotのParachainを用いると取引を並列に処理することができるため、取引時間の短縮が可能となります。

Polkadotの4つの役割について

Polkadotには4つの分担された役割があるので、ここで一つずつ解説していきます。

1.Validators(取引承認者)

2の項目で解説する「Collators」がまとめた取引情報を検証し、承認する役割。この作業に応じて報酬が手に入るが、注意点としてはValidatosでいる間は常にオンラインでいる必要があり、万が一オフラインになった場合、ペナルティーとしてトークンが没収される。

2.Collators(取引照合者)

Parachainでの取引情報をまとめてRelay Chainにその情報を送る役割

具体的には、1つのParachainにつき1人のCollatorsが担当し取引情報をまとめる。そしてその報酬としてトークンが支払われる。

3.Nominators(任命者)

Validatorを選別し認定する役割。その報酬としてトークンが支払われる。ただし、自分が認定したValidatorが悪意あるValidatorで、不正を働けばNominators自身のトークンもバーンされてしまう。

4.Fishermen(吊り手)

Polkadotにおける不正な取引や悪意ある取引を監視する役割で、主にセキュリティチェックを担当する。

もし悪意ある取引を承認しているValidatorsを発見した場合、そのValidatorsが保有するトークンはバーンされ、一部がFishermenの報酬として支払われる。

以上のとおり、Polkadotは役割をしっかりと分別し、それぞれに報酬が与えることで安全に機能しているシステムと言えるでしょう。

Polkadot(ポルカドット/DOT)の将来性

Polkadot tokenとはPolkadotが発行するトークンですが、Polkadot tokenを保有していると資産価値上昇というメリットはもちろんですが、以下の3つが付与されるメリットもあります。

  1. ブロックチェーンPolkadotにおける取引の承認権限
  2. Polkadotにおける取引ルールを決める権利
  3. 保有の対価としての報酬

一点注意しなければならない点としては、この権利を手にするにはトークンを決められた場所で一定期間保有しておく必要があるということです。

Polkadot tokunの価格は2019年5月現在、仮想通貨取引所TOKOKで約250ドルで推移しています。この価格はICO当時の価格を大きく上回っているため、その価値が広く認められていると考えることができます。

また、Polkadotの技術はDappsの機能性を高めることができるので、その観点からも今後さらに評価されるようになるでしょう。

世界の富裕層68%が2022年までに仮想通貨に投資|DevereGroup社レポート

Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)の特徴とは?|世界最大級の取引所が発行する取引所トークン

おすすめの海外取引所情報

Binanceは、世界一の取引量、手数料の安さ、取扱銘柄の多さなど、様々な優れている点がありますが、

Binanceを最もオススメする理由は、セキュリティの高さです。

どの取引所においても、悪意のあるユーザーから日々攻撃を受けていますが、それに対するBinanceの迅速な対応には目を見張るものがあります。

また、非中央集権型取引所(DEX)の開設も目指しており、今後をさらに期待されている取引所なので、必ず登録しておいて頂きたい取引所の1つです。