Contentos(コンテントス/COS)の特徴とは?|コンテンツに新たな価値を付与するためのプロジェクト

アルトコイン

デジタルコンテンツプラットフォームのContentos(コンテントス/COS)の概要と特徴を解説

様々なネット配信サービスが提供され、世界中で新しいクリエイターが誕生しています。

5Gが一般的に普及すると、より多くのコンテンツが日常的に利用され、教育からエンターテイメントにいたる様々なサービスが更に便利になっていきます。

一方、こうしたインフラが整っていく反面、発信されるコンテンツは自由が故に適切な評価がされない状態があります。

そこで、インターネットを利用して配信されるコンテンツに秩序とインセンティブをもたらすのがContentos(コンテントス/COS)のプラットフォームです。

制作したコンテンツを気軽に公開できるようになったことや、自由にコンテンツを視聴できるようになった、という段階は終わりを迎えようとしており、当たり前になったコンテンツ配信に新たな価値を付与する為にContentos(コンテントス/COS)のプロジェクトは誕生しました。

今回は、Contentos(以下COS)が提供するプラットフォームの概要や特徴をわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

Contentos(コンテントス/COS)の特徴とは?

基礎情報

通貨名 Contentos
通貨単位 COS
取引所 Binance(バイナンス)
総発行枚数 10,000,000,000COS
トークン規格 Binance Chain(BEP-2)
公式サイト https://www.contentos.io
ホワイトペーパー https://www.contentos.io/subject/home/pdfs/white_paper_en.pdf
telegram https://t.me/contentosjp
Facebook https://m.facebook.com/ContentosOfficial/
medium https://medium.com/contentos-io
Twitter https://mobile.twitter.com/ContentosJP
reddit https://www.reddit.com/r/Contentosofficial/
GitHub https://github.com/coschain
オリジナルコンテンツ https://cos.tv

Contentos(コンテントス/COS)の概要

COSとは、インターネット上でのコンテンツに対して、コンテンツ自体の著作権の保護や公正な評価を行えるプラットフォームです。

音楽や画像・動画などのデジタルコンテンツは、多岐にわたるプラットフォーム上で展開され、そのほとんどが無料で配信される、あるいは視聴回数によって広告料を得る仕組みです。

また、視聴するユーザーのリアクションとしては、「いいね」などの評価を与えることが限界となっています。

デジタルコンテンツはコピーも容易で、コンテンツに対する著作権には厳しい規制もなく、無断で複製されている現状もあります。

COSは、デジタルコンテンツに対する価値や正当な評価、あるいは視聴するユーザー側の参加(応援)方法に新たな価値を持たせるため、ブロックチェーン技術を基盤としたプラットフォームを提供します。

Contentos(コンテントス/COS)5つの特徴

それでは、Contentos(コンテントス/COS)の特徴を見ていきましょう。

1,コンテンツの著作権を透明性のあるものにする

現在、制作したコンテンツはYouTubeをはじめとして、InstagramやTikTokなど、コンテンツを自由にアップロードして、ユーザーはそれを自由に視聴するスタイルです。

もちろん、COSのプラットフォームも自由に利用できる点では同じですが、コンテンツ保護の観点に違いがあります

現行のプラットフォームでは、アップロードしたコンテンツには著作権を保護するための仕組みはありません。自由にコピーができるため、いわゆる“パクリ”が簡単にできてしまいます。

もちろん、法的には規制されていることですが、事実上それを妨げるための仕組みがないのです

しかし、COSが提供するプラットフォームでは、著作権をブロックチェーンに記録することで、半永久的にその権利を主張することができます。

例えば、コンテンツを譲渡する場合でも、その著作権を保護した状態で所有者だけを移動させる、ということも可能となります。

著作権は法的に守られているものですが、マナーやモラルに委ねられているのが現状です。

しかし、ブロックチェーン技術を基盤としたコンテンツプラットフォームを導入することで、著作権をはじめとした「権限」を透明化し、明示的に保護することができるのです。

2,ユーザーの正当な評価が反映される

YouTubeやInstagram、TikTokなどは全てボタンひとつで評価できる仕組みを持っています。

ユーザーがコンテンツを気に入れば「いいね」などのボタンを押すことで評価され、数が多いほどコンテンツの人気を証明するものです。

しかし、全てのコンテンツ評価がそのクオリティに対して与えられているとは言い難い部分もあります。

特定のコンテンツに対して「いいね」を押してもらうことで賃金を与えるアルバイトも見かけます。

これは公平な評価とは言えませんが、それを許してしまうのが現状のプラットフォームです。

COSでは、コンテンツに対するユーザーの評価についても、ブロックチェーン技術をベースとすることで不正のない、信頼性のある評価を担保します。

3,コンテンツに対して投げ銭を行うことができる

これまでのプラットフォームでは、コンテンツクリエーターが得られる報酬は、たとえば動画であれば再生回数の多さによって広告が流れるなど、クリエーターにもユーザーにも直接の意思を反映できない広告収入でした。

もちろん、多くのユーザーが応援するコンテンツには多くの広告収入が入る仕組みですが、もっと応援したいというユーザーの気持ちを反映することが難しい仕組みなのです。

COSでは、応援したいコンテンツやクリエーターに対して、ユーザー自身が投げ銭などで直接応援する仕組みを導入しています。

これは、ブロックチェーン技術を使うことでトークンが利用できるというメリットです。

そして、投げ銭をはじめとした収益に使えるトークンが「COS」です。

ユーザーはトークンである「COS」を購入し、気に入ったコンテンツやクリエーターに対して、評価とともに報酬を与えることができます。

クリエーターは、クオリティの高い良い作品を提供するなど、自身の能力に見合った報酬をユーザーから受けることができるのです。

これら全てに透明性を持たせることで、Contentos(COS)のプラットフォームはクリエーターとユーザーが作り上げる大きなマルチメディアプラットフォームへと成長することが期待できます。

4,コンテンツの信頼性を確保できる

トークンである「COS」は、法定通貨ではありませんが、立派な資産です。資産の取引が行われるプラットフォームに欠かせないのが、取引の透明性ですよね。

ブロックチェーン技術は、チェーン上の取引に透明性を持たせるという点に優れています。

全ての取引はブロックチェーンに記録され、それらは全て公開することが可能です。

ブロックチェーン技術を利用したContentos(COS)のプラットフォームは、取引を始め、コンテンツの著作権といった「不正や改ざんがあってはならないもの」に対して、信頼性を確保するには最善の方法なのです。

コンテンツや評価、投げ銭などに至るまで全ての信頼性を確保できるプラットフォームがContentos(COS)なのです。

5,パートナー

COSのプラットフォームと戦略的パートナーシップを結んでいるメディアプラットフォームがあります。

どれも、スマートフォンアプリを対象としたマルチメディアプラットフォームです。

  • Cheez
  • LiveMe
  • PhotoGrid

上記3つのメディアプラットフォームでは、もちろんトークンである「COS」の利用が可能です。

既に多くのアクティブユーザーを持つメディアプラットフォームと提携することで、COSの流動性も非常に期待できます。

「COS」はたとえば、コンテンツクリエーターへの報酬であったり、コンテンツを宣伝するユーザーへのインセンティブとしても利用されます。

ですので、多くのユーザー数を抱えるプラットフォームがContentos(COS)とパートナー提携することにより、「COS」の価値も上昇することが期待できるのです。

contentos(コンテントス/COS)の将来性

コンテンツに関わる取引に透明性と信頼性をもたらすContentos(コンテントス/COS)のプラットフォームは、今後のコンテンツ配信を大きく変える力を持っています。

現在軽視されているといっても過言ではない、インターネット上のコンテンツに対する著作権やあらゆる権利に対して透明性がもたらされ、信頼性を確保できます。

これまで無料で制作していたコンテンツにも、インセンティブが発生したり、コンテンツを評価したり宣伝することによってユーザーにもインセンティブが発生する、あるいはユーザーがクリエーターの応援手段として投げ銭できるなど、これまでとは違ったスタイルでマルチメディアプラットフォームを盛り上げることができるのです。

そうしたことでクリエイターが適切に評価され、新しい才能やサービスが生まれてきます。

また実際にオリジナルコンテンツのCOS.TVでは、コンテンツの配信もありますが、BTCやETH、COSをもらえるイベントなどもゲーム感覚で提供しており、より使用者が参加しやすい環境を実際に生み出しています。

COSは、私たちの日常生活に欠かせないモバイルメディアコンテンツをより安全に、実用的に利用するためのプラットフォームとして期待されており、提携企業もバイナンスをはじめとした大手企業が注目しています。

バイナンスがContentos(COS)の取り扱いを開始

おすすめの海外取引所情報

Binanceは、世界一の取引量、手数料の安さ、取扱銘柄の多さなど、様々な優れている点がありますが、

Binanceを最もオススメする理由は、セキュリティの高さです。

どの取引所においても、悪意のあるユーザーから日々攻撃を受けていますが、それに対するBinanceの迅速な対応には目を見張るものがあります。

また、非中央集権型取引所(DEX)の開設も目指しており、今後をさらに期待されている取引所なので、必ず登録しておいて頂きたい取引所の1つです。