SKYTEX(スカイテックス)とは?|基本情報から概要までをリスクを含めて紹介

ウォレット

SKYTEX(スカイテックス)とは?|基本情報から概要までをリスクを含めて紹介

これまでも数々の配当ウォレットがサービスを開始し、中にはすでに配当が止まってしまった、あるいはプロジェクトが破綻してしまったものもあります。

そんな中、新規に立ち上がる配当型ウォレットも複数存在します。

今回紹介する「SKYTEX(スカイテックス)」は、これから始まる新たな配当型ウォレットです。

SKYTEXについて、その基本情報から概要までを、リスクを含めて紹介しますのでぜひ参考にしてください。

配当型ウォレット「SKYTEX(スカイテックス)」とは?

SKYTEXとは、月利最大17%という高配当が期待できる配当型ウォレットで、2019年11月より世界同時に公開されるウォレットとして注目を集めています。

資産運用方法は他の配当型ウォレットとほぼ同じで、ウォレットに資産を預けて運用をすることで、毎日配当を得る仕組みです。

SKYTEXは2017年にカナダで設立され、ニューヨークに拠点を持っているとしており、月利は約8%~約17%と高配当を謳っています。

また、SKYTEXには、同じく配当型ウォレットのSBLOCK(エスブロック)元CEOであるIvan氏も関連しているようです。

2019年10月20日現在、スマートフォンアプリではAndroidのみ公開されており、iOSアプリ(iPhoneアプリ)については近日公開となっています。

SKYTEX(スカイテックス)の基礎情報

ウォレット名称 SKYTEX
運営会社 SKYTEX
SKYTEX公式サイト https://skytex.io
ホワイトペーパー https://skytex.io/white-paper
独自トークン SKX
トークン発行枚数 1,000,000,000 SKX
SKYTEX(スカイテックス)の対応コイン BTC、EHT(USDTも取り扱い予定)
facebook https://www.facebook.com/skytexinvestment
Linkedin https://www.linkedin.com/company/skytex-io
Telegram https://t.me/skytex_official

SKYTEX(スカイテックス)の概要

SKYTEXは新たに登場した配当型ウォレットで、2019年10月20日現在で公開されているのはAndroid用のアプリのみですが、近日iOS(iPhoneアプリ)も公開される予定です。

SKYTEX(スカイテックス)は3つのスキームで収益を得る

SKYTEXでは、プロジェクトの収益として3つのスキームが用意されています。

  • アービトラージでの収益
  • ベンチャー企業への投資
  • レバレッジ取引可能な取引所への投資

SKYTEXは、独自に開発したシステムでアービトラージをおこない、これが収益の柱となります。

アービトラージとは?

取引所ごとの価格差を利用した取引手法のことです。

独自に開発したシステムにより、アービトラージを自動化し、仮想通貨取引所間の価格差から利益を得ることができます。

その他、ベンチャー企業への投資や、レバレッジ取引機能のある仮想通貨取引所への投資で収益を見込み、これら収益からユーザーへの毎日の配当をおこないます。

独自トークン「SKX」を発行

SKYTEXは独自トークンである「SKX」を発行します。総発行枚数は1,000,000,000枚で、1SKX = 0.1ドルの初期価格設定となっています。

SKYTEXでは多くの配当型ウォレットと同じように、独自トークンの「SKX」で配当がおこなわれます。

投資したBTCやETHでの配当ではないので、注意が必要です。

SKXの初期価格は0.1ドルに設定されていますが、仮想通貨取引所に上場されているわけではありませんので、あくまでもSKYTEXのウォレット内での価値であることを意識しておく必要があります。

※SKXは2020年に上場予定とのことです。

最低投資金額は250ドル以上

SKYTEXの最低投資金額は250ドル以上と、その他の配当型ウォレットよりも低く設定されており、参加しやすいのが特徴です。

もちろん、投資金額に応じた配当がおこなわれますので、大きな配当を得たい場合には投資額も大きくする必要があります。

月利は約8%~約17%

SKYTEXの月利は約8%~約17%で、その他の配当型ウォレットと同じく高配当です。

ウォレットアプリに資産を入れておくだけで配当がつくのであれば、普段取引をしていないBTCやETHを預けて、資産を増やすというのも選択肢のひとつです。

紹介者報酬あり

SKYTEXは、その他の配当型ウォレットと同じように、紹介者報酬(アフィリエイトプログラム)が設定されています。

  • レベル1:利益の100%
  • レベル2~レベル10:利益の10%

レベル2~レベル10の10%の利益を得るためには、直接紹介者を増やす必要があります。

例えば、直接紹介が2人の場合は、レベル2までの報酬しかもらえません。最大値であるレベル10までの利益をもらうためには、10人の直接紹介者が必要としています。

SKYTEX(スカイテックス)のリスク

これまでの配当型ウォレットを見てもわかるように、突然配当が途切れてしまったものや、ウォレットアプリから資金の出金ができなくなってしまったものなど、ほとんどのプロジェクトが同じような道をたどっています。

SKYTEXについても、参加する場合にはどのタイミングで出金するかをあらかじめ意識しておくほうが安全です。

また、参加する場合には必ず余剰資金で、万が一失った場合でも、生活に影響するような金額を預けることは避けましょう。

配当型ウォレットでは配当が自動的にもらえるため、非常に簡単で楽に稼げることを謳っているプロジェクトです。しかし、その分リスクは非常に大きいということを理解しておく必要があります。

まとめ

SKYTEXは、これから始まる新たな配当型ウォレット案件です。

配当も高く、最低投資金額は安く抑えられていますので、参加するハードルが低い配当型ウォレットだと言えるでしょう。

ただし、これまで世に出てきた配当型ウォレットを参考にすると、半永久的に配当をもらえる保証はありませんので、参加する場合には、利益確定するタイミングをしっかりと個人で見極める必要があります。

また最新情報の確認もしっかりと行って自己責任での判断が必要となります。

配当型ウォレット「WoToken」とは?

【初心者向け】仮想通貨投資をする前の3つの心構え

 

おすすめの海外取引所情報

Binanceは、世界一の取引量、手数料の安さ、取扱銘柄の多さなど、様々な優れている点がありますが、

Binanceを最もオススメする理由は、セキュリティの高さです。

どの取引所においても、悪意のあるユーザーから日々攻撃を受けていますが、それに対するBinanceの迅速な対応には目を見張るものがあります。

また、非中央集権型取引所(DEX)の開設も目指しており、今後をさらに期待されている取引所なので、必ず登録しておいて頂きたい取引所の1つです。