Hcardとは|審査不要の仮想通貨一体型デビットカード

プレスリリース

Hcardとは

仮想通貨は、投資対象から徐々に実用化へ向けて動いています。

実際の買い物で使える形に変化することで、法定通貨と同等の価値を持つことになるでしょう。

また、それはクレジットカード会社と連携することで、その利用範囲は大きく広がるはずです。

今回は、マスターカードと提携した仮想通貨一体型デビットカードである「Hcard」について、その基本情報と特徴を紹介します。

Hcardの基礎情報

  • ライセンス:マスターカード
  • 公式サイト:Hcard
  • 価格:30,000円(入会費・年会費無料)

Hcardの特徴

Hcardは、マスターカードと提携したデビットカードで、仮想通貨を使ったカード決済ができます。

発行に料金がかかるものの、入会費や年会費は無料で利用できます。

カードに仮想通貨をチャージすることで、オンラインショップでの決済に利用でき、アメリカドル(USD)への換金も可能です。

審査不要ですぐにカード発行

Hcardは、審査が不要なので誰もが発行できるデビットカードです。

公式サイトからの申込だけでカードが手元に届き、仮想通貨をチャージして利用します。

ATMでアメリカドル(USD)に換金可能

Hcardに仮想通貨をチャージ後、マスターカードに対応しているATMでアメリカドル(USD)へ換金できます。

日本円に対応していないのは残念ですが、海外旅行などでも便利に利用できそうですね。

グローバルなショッピングをサポート

Hcardは、国をまたぐオンラインショップでの決済が可能です。

マスターカードと提携しているので、クレジットカードを利用する感覚ですね。

オンラインショップでHcardを利用したら、その場でUSDに換金されますので、利用時に複雑な手続きは必要ありません。

チャージ利用なので使いすぎない

Hcardは、カードにチャージした分だけしか利用できません。

つまり、クレジットカードのように、使いすぎる心配がないのです。

通常のデビットカードが、指定口座に入金している金額分しか利用できないのと同じように、Hcardにチャージしている仮想通貨分しか利用できません。

感覚としては、日本国内で利用できるSuicaをイメージすると分かりやすいでしょう。

カード発行に30,000円必要

Hcardの発行には30,000円が必要です。

しかし、審査不要で入会費・年会費は無料ですので、30,000円でカード発行をすれば、カード維持の料金は発生しません。

対応コイン

Hcardが対応している仮想通貨は5種類、法定通貨は1種類です。

【対応仮想通貨】

  • USDT
  • Litecoin(LTC)
  • Bitcoin(BTC)
  • Ethereum(ETH)
  • Bitcoincash(BCH)

【対応法定通貨】

  • USD

申し込み方法

Hcardの申し込み手順は簡単で、カードを購入したら、アプリと連携して利用するだけです。

簡単な手順は以下のとおりです。

  1. カードを購入
  2. カード受け取り
  3. アプリダウンロード
  4. カードを利用
  5. カードの受け取りは最短3日なので、購入後すぐに利用できますね。

申込に必要な情報

カード申込に必要な情報は以下のとおりです。

  1. お支払い方法:銀行振込か暗号通貨を選択
  2. 姓:苗字を入力
  3. 名:名前を入力
  4. メールアドレス:メールアドレスを入力
  5. 都道府県:住居の都道府県を選択
  6. 住所(カード郵送先):現住所を入力
  7. 暗号通貨支払いの場合の送金元アドレス:仮想通貨で支払う場合、送金元となるウォレットなどのアドレスを入力
  8. 確認する:確認ボタンをクリック

専用アプリの役割

Hcardには専用アプリが2つあり、発行されるデビットカードと連携して利用します。

Hcard

Hcardアプリでは、主に発行されるカードの情報(履歴など)の管理を行います。

  • マスターカード(発行されるデビットカード)の管理
  • 預金管理
  • 決済管理
  • 引き出し管理

Fiatbit

Fiatbitアプリには、カードへの入出金や、カードとの紐付け機能があります。

  • 仮想通貨の入金機能
  • 仮想通貨の出金機能
  • アメリカドル(USD)への振替機能
  • Hcardへの紐付け機能

Hcardの主な使い方

Hcardは、以下のような使い方が想定されます。

オンラインショッピング

  1. カードに仮想通貨をチャージ
  2. オンラインショッピングで決済

換金

  1. 取引をしない仮想通貨をカードにチャージ
  2. ATMでUSDに換金して現金に換える

Hcard購入のリスク

Hcardは、仮想通貨を実際の決済に利用できる非常に便利なカードです。

注意すべき点は、仮想通貨を法定通貨に換金する際に、日本円は使えないということです。

取り扱っている法定通貨はアメリカドル(USD)のみなので、保有している仮想通貨をカードにチャージ後、日本円に換金するという使い方はできません。

また、チャージしている仮想通貨は価格変動によって価値が左右されます。

100,000円分のBTCをチャージしていたとしても、チャージ後にBTC価格が下落すれば、カードにチャージしている金額は100,000以下となりますので、注意が必要です。

また、Hcardのサービス自体が突然終了する可能性もありますので、メインカードとして使うには様子を見た方がよいでしょう。

まとめ

Hcardは、仮想通貨を決済目的で利用できるカードです。

チャージして使うデビットカードなので、使いすぎる懸念もありません。

取引をしない仮想通貨をカードにチャージしておき、有効に使う手段が増えたということですね。

また、アメリカドル(USD)にも換金できますので、海外旅行前にカードへ仮想通貨をチャージしておき、旅行中にATMでアメリカドル(USD)を引き出すといった使い方もできるでしょう。

仮想通貨をデビットカードで使えるサービスは、今後も仮想通貨の可能性を広げてくれそうです。