天才投資家ジム・ロジャーズ「日本は確実に貧しい国になる」

コラム

天才投資家ジム・ロジャーズ「日本は確実に貧しい国になる」

世界三大投資家のひとりのジム・ロジャーズ氏がとあるインタビューで、新型コロナ感染拡大後の日本経済について以下のように述べました。

「残念ながら、これから日本は確実に貧しくなっていく。財政赤字が膨らんでいく一方で、日銀が金融緩和でお金を刷り続けている以上、将来、円の価値は確実に下がるからだ。円がいまの価値を保っているうちに、早急に海外に資産を移すことを勧めたい」

この発言は、新型コロナの影響でフィッチが邦銀を格下げにする判断をし、「みずほFGとその子会社の存続性格付け」に関してはBBB +へ引き下げられ、これに対してシンガポールの3大銀行の同格付けはAA-とメガバンクよりも高格付けになった結果を踏まえての発言とみられます。

日本人の特性として銀行の預金保護の範囲を気にする人が多いですが、他国では銀行の格付けや財務基盤を見てお金を預ける判断をするのが一般的です。また同氏は、

「現在、多くの資産を持っている高齢者たちは、基本的には円高の時代を生きてきた人たちだ。円で資産を持っていれば、その価値は相対的に上がっていった。現金で貯金を増やしていくという行動は、大きく間違ってはいなかった。しかし、これからは円の価値が下がることを考えて行動しなければならない。

ともコメントしています。

海外では資産を諸外国へ移動させることや、金や投資によって資産を保護する考えがコロナショックにより活発となっています。円の価値が下がる可能性が示唆される日本においても同様に、個人個人が資産を分散保有していく必要があると考えられます。

仮想通貨低迷期の今、なぜファイルコインが注目されるのか?

Filecoin(ファイルコイン)とBitcoin(ビットコイン)のマイニング投資の違いとは?|FILの有利な獲得方法【FILECOIN MINER】