フロウ(FLOW/Flow)とは|大手ブロックチェーンゲーム会社が開発する注目通貨

Flow blockchain (CNW Group/Dapper Labs, Inc.)
アルトコイン

フロウ(FLOW/Flow)とは|大手ブロックチェーンゲーム会社が開発する注目通貨

ブロックチェーンゲーム開発会社の大手で、クリプトキティーズやNBAトップショットなどのヒット作を抱えるDapper Labs(ダッパーラボズ)が開発を進める仮想通貨が、今回紹介するフロウ(FLOW)です。

これまで非代替性トークン(NFT)市場をリードしてきた会社でもあり、将来性も含めて注目を集めています。

通貨名フロウ(FLOW)
通貨単位FLOW
公開日2020年9月
総発行枚数不明
公式サイトhttps://ja.onflow.org/
ホワイトペーパーhttps://ja.onflow.org/technical-paper
facebookhttps://www.facebook.com/groups/804851600068627/
twitterhttps://twitter.com/flow_blockchain
Telegramhttps://t.me/flow_blockchain
reddithttps://www.reddit.com/r/OnFlow/

 

ダッパーラボズとはどのような会社か

ダッパーラボズは、クリプトキティーズやNBAトップショットなど、ブロックチェーンゲームを開発してきた会社で、ブロックチェーンゲーム開発の草分け的存在です。

クリプトキティーズの中で育成したネコや、NBAトップショット内で使用されているトレーディングカードは、NFTとして流通可能となっています。

日本においては、モンスターストライクの開発元として知られるミクシィと提携しており、同社コンテンツのNFTへの活用の検討が目的だと説明しています。

ブロックチェーン業界で既に実績があるダッパーラボズだけに、同社が開発したFLOWが注目を集めるのも自然な流れと言っていいでしょう。

フロウ(FLOW/Flow)の特徴

FLOWはゲーム系NFT市場を視野に入れて作られており、以下のような特徴があります。

中でも、同社のゲームがFLOWプラットフォームを利用することは、注目に値します。

  • 独自の処理能力向上システム
  • 開発がやりやすくなる開発言語を採用
  • ダッパーラボズのゲームが移植される

 

独自の処理能力向上システム

イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上には多数のゲームが設置されています。

これはスマートコントラクトやNFTが実装されているためですが、現状はスケーラビリティー問題が発生しています。

ETHのトランザクションは1秒間に14件で決して速いとはいえないうえ、分散型金融(DeFi)の隆盛もあってトランザクションが増加し、手数料の高騰などを招いています。

特にブロックチェーンゲームの場合、NFTの価格はアートほど高いものではないので、売却価格より手数料の方が高くなるという事態も生じかねません。

こうした問題に対応するため、FLOWはトランザクションを「収集」「合意」「実行」「検証」の4工程に分割し、それぞれ別のバリデーターに処理させる仕組みを取っています。

分散処理の方法としては、同じ工程を分割して複数のバリデーターに処理させるシャーディングという仕組みが広く知られています。

ただし、シャーディングは同じ工程を分割するためエラーが生じやすく、ゲーム向きではないという問題点がありますが、それを解決するために、工程ごとに分割しています。

開発がやりやすくなる開発言語を採用

ETHの分散型アプリケーション(dApps)の開発言語はソリディティーというものですが、開発に当たってはスマートコントラクトの仕組みを知っておく必要があるなど、敷居は高めだといわれています。

これに対してFLOWは、ケイデンスという、ソリディティーほど専門的な知識を必要としない開発言語を採用しています。

ダッパーラボズはゲーム開発の経験が豊富ですが、ケイデンスには、そのノウハウが詰め込まれたソフトウエア開発キット(SDK)が用意されており、ブロックチェーンゲームを作るために一から開発する必要がないため、敷居は低くなります。

こうしたゲーム開発者にとって魅力的な環境もFLOWの特色です。

ダッパーラボズのゲームが移植される

ダッパーラボズはブロックチェーンゲームの老舗であり、多数のユーザーを抱えていますが、これまではETHのブロックチェーン上で開発されていました。

しかし、上述のようにETHはスケーラビリティー問題を抱えており、処理能力や手数料などの点で魅力的とは言えない部分があります。

FLOWはこうした問題に対応するため自らが立ち上げたものです。

これは、自社のゲームがFLOWのブロックチェーン上に移植されることも意味しており、実際に、クリプトキティーズやNBAトップショットといったダッパーラボズのゲームは、すでにFLOWブロックチェーン上に移植されています。

また、FLOWへの移行で処理能力が上がるため、クリプトキティーズの猫の画像がアニメーション化されるなどの新機能も実装されています。

ゲームプラットフォームにおいて魅力的なタイトルが存在しているかどうかは、プラットフォームの成否に大きな影響を与えます。

FLOWはその点で、大きなアドバンテージを持っているといえます。

フロウ(FLOW)の将来性

FLOWは現時点では、日本国内の仮想通貨取引所での取り扱いがないため、海外の取引所を利用することになります。

ただし、ダッパーラボズはコインチェックとNFT事業で提携しているため、今後、コインチェックがFLOWを取り扱う可能性もあります。

現在、FLOWは1FLOW=1600円前後で、ピーク時の4000円ほどの勢いはありませんが、価格は安定しています。

今後の日本国内の動向には注意が必要だと言えます。

アバランチ(Avalanch/AVAX)とは|イーサリアムと互換性を持った「ETHキラー」