【初心者向け】仮想通貨のノードとは?

初心者向けの基本知識

【初心者向け】仮想通貨のノードとは?

仮想通貨の情報を得るときに見かける「ノード」と呼ばれる単語。

このノードどは一体どのような意味を持つのか、その役割種類について確認して行きましょう!

ノードって一体なんなの?

仮想通貨のノードとは、仮想通貨のネットワークに接続されている全ての通信機器のことをさします。

パソコンやスマートフォンなど、仮想通貨の取引を行える端末はいくつかありますが、これらに接続する端末がノードです。

ノードには「節、結節」といった意味があり、構造体を構成する要素のことを意味しています。

ノードにはいくつか種類があり、種類ごとに役割や機能が異なりますので解説して行きます。

ノードの役割

仮想通貨において、ノードは非常に重要な役割を担います。

ブロックチェーンの監視システムは、P2P(Peer to Peer:ピアツーピア)ネットワークで利用者すべての通信機器を接続することで成立しており、

銀行のように銀行員や銀行の独自システムのように、取引や通貨を管理・監視されません。

その代わりに、ネットワークにつながっているそれぞれのノードが、お互いに取引や通貨の動きを監視する仕組みとなっています。

ノードで取引が行われると、他のノードにもその取引が記録されます。

よって、一部でデータの改ざんをしようとしても、他のノードの記録によって改ざんしたことが明らかにされてしまいます。

ハッキングやトラブルが起きたときには、過去の取引をさかのぼってノードを検証することで、どのアドレスがどのような動きをしたのかを突き止めることもできます。

このようにブロックチェーン技術において重要な役割であるネットワークの監視・管理を行う為にもノードが必要となってきます。

【初心者向け】知っておきたいブロックチェーンと分散台帳技術(DLT)の基本

ノードの種類について

ノードがどのような役割でどの目的で利用されるのかは、端末の所有者によって変わります。

ここでは個々の種類をそれぞれみていきましょう。

フルノード

最初に生まれたブロックから最新のブロックまでのすべての情報を持つノード。

フルノードがいつもブロックチェーンを監視しているおかげでブロックチェーンは整合性を保つことができます。

これまで行われたすべての取引データが保存されているため、ブロックチェーンの始まりから今までの情報をすべて漏らさず確認することができます。

フルノードによる参加者は、仮想通貨取引において、

「どこかに矛盾がないか」

「ブロックに格納された取引情報に誤りがないか」

監視・管理する役割を持っています。

また、フルノードは情報量が膨大なため、主にパソコンから仮想通貨取引を行っています。

SPVノード

一部のデータだけをダウンロードし、そのほかはフルノードのデータを参照して取引を行うのが、SPV(Simplified Payment Verification:簡単な取引検証)ノードです。

基本的にはダウンロードしたデータのあとに、6個以上のブロックが接続されているかを検証し、二重取引が無いかを確認しています。

フルノードに比べてダウンロードするデータが少ないので、動作にかかる負担が軽く、スマートフォンでも参加できます。

マスターノード

ある一定数以上の特定の仮想通貨を保有することでノードを運営することができるノードのことを指します。

取引の承認作業を行い、新規ブロックを生成することにより報酬として新規発行コインを受け取ることが可能となります。

ウォレット機能を持つノード

ウォレット機能を持つノードとは、ウォレットとしての機能をメインとしているノードです。

まとめ

ノードの役割と種類についてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?

多数のノードがあることによって、たとえ一部が無くなったとしても、生き残っているノードが存在するかぎり仮想通貨が消滅することがないという、非常に強いネットワークを構築することができます。

ノードはブロックチェーンや仮想通貨を成り立たせるために重要な役割を担っているんですね!

そもそも仮想通貨ってなんなの?【初心者向け】