IBMが1億近くある健康保険のために医療データブロックチェーンを調査

ニュース

IBMが1億近くある健康保険のために医療データブロックチェーンを調査

IBMは、機密データの共有方法を改善や、健康強調表示(Health Claim)医療トランザクションの効率化を、ヘルスケア分野の主要企業と共同で行います。これらをすべて「ブロックチェーンベースのエコシステム」の形で行われます。

本日の発表では、IBMAetna(昨年11月に薬局およびヘルスプランプロバイダーのCVS Healthに買収)、健康保険会社のAnthemHealth Care Service Corporation(米国最大の顧客所有の健康保険会社)、およびPNC銀行が協力企業として参加したと述べられています。これらの企業は合わせて1億近くの医療プランを抱えています。

IBMは、今後数カ月以内に他の医療機関、医療提供者、新興企業、および技術企業を含むHealth Utility Networkに追加のメンバーが加わることも発表しています。

IBM Watson Healthの支払者担当ゼネラルマネジャーであるBarbara Hayes氏は、CoinDeskに次のように語っています。

「IBMは創設メンバーの1人ですが、創設メンバー間では誰もが同等の利害関係を持っています。これは非常に重要なことで、なぜならヘルスケアシステムの膨大な量のムダを処理できる競合企業が並んでいるため、50~60パーセント程度の節約ができるからです。」

Hayes氏は、ヘルスケアなどの業界を変革することは、データによる判断と高度な予測を維持し、無駄や非効率を排除することを意味すると述べました。

「ヘルスケア分野においては、臨床分野や管理分野での非効率や、システム内で発生する単純な不一致による非効率があり、これらは顧客満足度の低下につながります」

と彼女は言います。

また、知的財産担当ゼネラルマネジャーであるBill Lafontaine博士は次のように付け加えています。

「私たちはSDKあるシステムに対応したソフトウェアを開発するために必要なプログラムや技術文書などをひとまとめにしたもの)とプラットフォームにリンクする方法を提供するつもりです。このようにオープンにする理由は、メンバーの多くが、すでに投資して様々なテクノロジーに導入しているため、その投資からより迅速に収益を得ることができるようにするためです。」

競合プロジェクト

しかし、サイロ化され断片化されたヘルスケア業界のために、ブロックチェーンの不変性と透明性を利用しようとしているのはIBMだけではありません。ブロックチェーンヘルスケアにおける他の有名な名前には、Change Healthcare、Hashed Health、Guardtime、Gem、SimplyVitalなどがあります。

こうした状況のため、IBMが共同事業体の競争に直面しているのは当然のことです。たとえば、昨年の4月には、2つの最大の保険会社であるHumanaUnited Health Groupが、データプロバイダのQuest DiagnosticsMultiplan、およびOptumとブロックチェーン形成に向けて組んでいます。

また、昨年11月に発表されたProCredExという別のヘルスケアブロックチェーンは、医師と歯科開業医の信任状を保存し共有することに焦点を合わせており、業界内で時間とコストを節約することが期待されています。

ヘルスケア以外では、PNC銀行のブロックチェーン活動がよく知られており、国際送金技術であるリップルのxCurrent支払いシステムを研究している銀行グループに参加しています。

PNCの財務管理サービスの製品責任者であるChris Ward氏は、IBMとのヘルスケアコラボレーションによって、患者や支払人、医療提供者が支払いをより簡単に行えるようになると述べています。

「このテクノロジを使用して、業界を悩ませ続けている摩擦、重複、および管理コストを削減できます。」