【仮想通貨】『カストディ』とは?【用語集】

初心者向けの基本知識

【仮想通貨】『カストディ』とは?【用語集】

Custody (読み)かすとでぃ

カストディとは、「保管」、「管理」を行う業務のことで、このカストディ業務を行う機関の事をカストディアン(英語 : Custodian)と呼んでいます。

もともとは有価証券に関する用語ですが、仮想通貨の分野でもカストディが重要視されていることから用いられるようになりました。

仮想通貨取引所では、仮想通貨の取引や決済をするだけでなく、保有している通貨や顧客の個人情報を盗難や紛失といった被害から守る必要があります。

しかし、昨今では世界中の仮想通貨取引所でハッキング被害が発生しており、その保管や管理については不安視する声が広がっています。

今後、仮想通貨の信頼やサービス向上をしていくためには、仮想通貨のカストディを、信頼できるカストディアンに任せることが必要ともいわれています。

現在有名な仮想通貨カストディアンは次の通り。

  • BitGO
  • コインベース
  • バンク・オブ・アメリカ

このような動きがより進んでいくと、

仮想通貨って本当に大丈夫なの?