【仮想通貨】『 STO』とは?【用語集】

用語集

【仮想通貨】『 STO』とは?【用語集】

STO (読み)えす てぃ おー

STOとは、セキュリティー トークン オファリングの略で、「そのトークンが法律や規制に準拠している証券として認められた場合にのみ、公開して投資商品として扱うことができるようにする」という仮想通貨の資金調達方法のことです。

資金を調達することが目的となってその後の開発が進まない事例や、詐欺目的の事例などが多く発生したICOに代わる、資金調達の方法として注目されています。

また、STOは「仮想通貨版の株式公開(IPO)」とも考えることができ、投資をする側も一定以上の水準が求められるようになるため、プロジェクト全体の水準が高まることが期待されています。

Polymath(ポリーマス/POLY)の特徴とは?|STOのためのプラットフォーム