「MUFJコイン」が2019年内に実用化へ|大手銀行初のブロックチェーン技術採用となるか

ニュース

「MUFJコイン」が2019年内に実用化へ|大手銀行初のブロックチェーン技術採用となるか

三菱UFJファイナンシャル・グループ(MUFJ)の新社長に就任した三毛兼承氏が、現在開発中の新デジタル通貨「coin(コイン)」(=MUFJコイン)を年内に実用化する方針があることを発表しました。

MUFJコインは2016年に初めて、同社がシステムのコスト削減を目的として開発していることが判明し、仮想通貨という言葉が世間に浸透しきっていない状態にも関わらず、仮想通貨の根幹技術でもあるブロックチェーンを利用しているということで大きな話題を呼んでいました。

元々は銀行内で使用される「行内通貨」として開発が進められていましたが、、2019年現在、独自の仮想通貨として発行する構想まで進展しています。

2018年10月には、MUFJコインの冠を取る形で、「coin(コイン)」と名称変更をしましたが、これはMUFJ内に留まらず、他業種との協業を含んだ幅広い活用を促す「プラットフォーマー」としての機能を強調する目的からで、

今回発表された内容によると、「1coin=1円」に価値が固定され、利用者はスマートフォンに専用アプリをいれて、口座預金をcoinに替えて使用します。

coinを使用することで、ビットコイン等と同様に、ユーザー同士が直接取引を行うP2P取引が可能になり、お会計時の割り勘が容易に行えるようになったり、加盟店への特典も決済時に付与される仕組みになるとのこと。

引用:MUFJコイン

「coin(コイン)」は2017年から、約1500名の社員がcoinの実証実験を行っており、実用化に向けて準備を進めています。

現在、みずほから「Jコイン」、SBIから「Sコイン」の開発が発表されていますが、2019年4月現在はどちらも正式に運用は開始されていません。

MUFJのcoinが銀行から発行される初の仮想通貨となった場合、他銀行への影響も非常に大きい物になると考えられますので、その動きには非常に注目です。

パキスタンが2025年までに独自のデジタル通貨を発行することを発表|2030年には完全デジタル化を目指す