日本マイクロソフト、ブロックチェーン学習コンテンツの開発で業務提携

ニュース

日本マイクロソフト、ブロックチェーン学習コンテンツの開発で業務提携

ブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを行うdigglueが5月28日、ブロックチェーンの教育分野において日本マイクロソフトと連携して学習コンテンツを開発していくことを発表しました。

同社は経済産業省の試算で、ブロックチェーン技術は今後67兆円の国内外市場規模になるということに触れつつ、社会的ニーズが高まることが予想されるとしています。(経済産業省 「ブロックシェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」による算出)

しかし、社会的ニーズに反して現状では、ブロックチェーン技術を学べる環境が整っていないことも指摘し、今回はそれに対する解決策を提示した形になっています。

具体的には業務提携することにより、Microsoft Azureの「Ethereum Proof-of-Authority on Azure」を利用し、ブロックチェーン技術の基礎など、ブロックチェーンアプリケーションを生み出すために必要となる基礎知識やコンテンツを構築していくとしています。

またその上で今後の予定としては、Azureを使った導入支援サービスや資格認定サービスの提供なども視野に入れつつ開発を進めていくとしています。

日本マイクロソフト株式会社 クラウド&エンタープライズビジネス本部 本部長である浅野智氏は今回の業務提携について、

『 日本マイクロソフト株式会社は、株式会社digglue様のブロックチェーン事業において、Microsoft Azureを活用した学習コンテンツの開発を心より歓迎いたします。 』

 

『ブロックチェーン・AIなど最新技術の学習コンテンツを開発をする株式会社digglue様との連携が、ブロックチェーンエンジニアの普及に寄与できること、そしてその結果としてブロックチェーン技術の更なる普及・発展に繋がることを期待しております。』

とコメントしています。

日本マイクロソフトとの業務提携によって、Microsoft Azureの「Ethereum Proof-of-Authority on Azure」を利用しつつ開発が進められるため、初期費用を抑えつつ効率的に共同開発されていくと考えられます。

国内のブロックチェーンの分野は他国に遅れを取っている節が見られる中で、今回のような共同プロジェクトは大きく社会的に貢献することが予想されるため今後の動向に注目です。

世界の富裕層68%が2022年までに仮想通貨に投資|DevereGroup社レポート

楽天が中国のブロックチェーン企業Techrockと提携を発表|中国市場に本物の商品を提供