バイナンスDEXでEqual Walletが利用可能|Google Chromeでアクセス可能に

ニュース

バイナンスDEXでEqual Walletが利用可能|Google Chromeでアクセス可能に

バイナンスDEXがWebウォレット「Equal Wallet」を介して利用可能となった旨が公式twitterで発表されました。

バイナンスDEXは、仮想通貨取引所バイナンスが運営する分散型取引所です。

分散型取引所では、従来の取引所とは異なり、取引の仲介者が存在せず、ユーザー同士で直接取引を行う仕組みがとられています。

Equal WalletはGoogle Chromeの拡張機能を用いたWebウォレットで、ERC20トークン、BEP2トークンに対応しています。

ERC20とは、イーサリアム上で発行されるトークンの規格。

BEP2とは、バイナンスチェーン上で発行されるトークンの規格。

今回、Equal Walletを通してバイナンスDEXを利用できるようになり、Google Chromeの拡張機能を利用したバイナンスDEXの利用が可能となったという見方もできそうです。

一方、バイナンスDEXでは複数の国からのアクセスを制限する措置が取られており、日本からの利用は不可となっています。

アクセス制限の対象となっている国には他にも米国なども含まれています。

今後この制限がどのようになるかはまだ明らかにされていませんが、仮想通貨取引所へのアクセスが1番多い米国に関しては、バイナンスUSの設立を予定するなど、各国の法規制に合わせた対応がなされていくと考えられます。

バイナンスDEXへのアクセス制限の日程が延期|米国・日本共に9月12日からの制限開始に変更

仮想通貨取引所バイナンスのアメリカでの事業展開に変化|バイナンスUSの立ち上げへ