Binance(バイナンス)がインドのスタートアップ支援に50億超えの新ファンドを設立

ニュース

Binance(バイナンス)がインドのスタートアップ支援に50億超えの新ファンドを設立

2020年3月17日、世界規模の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が、公式ブログにてインドのスタートアップ企業支援のための新ファンド「Blockchain for India」設立を発表しました。

インドを拠点とした仮想通貨取引所「WazirX(ワジールX)」とともに共同で発表したこの新ファンド設立資金は5,000万ドル(日本円約53億円)とも言われています。

また、この新ファンドの主な目的は「インド国内のブロックチェーンシステムを利用したスタートアップ支援」です。

スタートアップに対しての資金協力は10万ドルから500万ドルという範囲を設けており、株式やトークンに対して出資します。また、資金協力だけではなく、インキュベーター(起業支援)も行っていく意向です。

スタートアップの創業者やチームは、Binance ChainBinance Cloudといったリソースにもアクセスできる権限を付与され、インドで創業するブロックチェーン企業を活性化させます。

実は、バイナンスは2019年に前述した仮想通貨取引所「WazirX」を買収している点から、インドへの投資を加速させているとも言われています。

今後、仮想通貨がインドで普及する可能性

実は、インドの中央銀行にあたる「インド準備銀行」では、仮想通貨の流通を禁止していましたが、2020年3月、インドの最高裁判所の判決で禁止命令撤回の判決が下されました。

この点から、インドのブロックチェーン開発企業などへの風当りは少なくなり、仮想通貨を資産とする需要がさらに増加するとの見解が強いようです。

そして、今回のバイナンスによる「Blockchain for India」という新ファンド開設は、今後インドの仮想通貨市場へ大きな影響を与える可能性は高いと言えるでしょう。

今後さらに注目されるバイナンスの新ファンドとインド仮想通貨市場

今回の新ファンドによる基金は、法定通貨とデジタル通貨間の交換ソリューションに加え、ウォレット、ステーブルコイン、支払いや送金など様々な分野が対象となっているのも特徴です。

特に、スタートアップ企業を支援先とするだけでなく、学生向け組織への支援も行うとの事で、資金提供だけでなくバイナンスの世界的なエコシステムに繋がる事が可能で知識を共有するとともに指導面でもメリットがあると言われています。

「WazirX」CEOのNischal Shetty氏は、今回バイナンスとの提携発表とともに以下のようにコメントしています。

「WazirXは、今回のインドへの資金提供をはじめ、他の投資ファンドと協力しブロックチェーン経済システムのさらなる成長を目指します。」

バイナンスのCZ氏「ビットコイン(BTC)市場まったく心配していない」

Binance(バイナンス)が次世代ブラウザBraveと提携