米政府はコロナウイルス対策の補償にステーブルコインを利用すべき

ニュース

米政府はコロナウイルス対策の補償にステーブルコインを利用すべき

リップルの関係機関でも勤務経験があるキャサリン・コーリー氏は、ステーブルコインが今回のコロナウイルスパンデミックに関して次のような提言を行いました。

コロナウイルスのパンデミックに対する恐怖と不安の中、米政府はできるだけ迅速に米国民を財政的に支援しなければなりません。

しかし、支援を受ける人々は、できる府だけ外出を減らしてウイルスに感染するリスクを抑えなければなりません。

そのため、米政府は人々が集中する銀行のような場所を利用するとこに慎重にならなければなりません。

できるだけ感染リスクを避け、しかも効率的な方法で米国民を支援しなければなりません。

米政府は、従来のような小切手を利用したプロセスを見直す必要に迫られています。

スピードと安全性の両面から、ステーブルコインの利用に舵を切るべきです。

そうすることで、銀行に行くことによる時間の浪費や感染リスクを大きく改善できます。

ステーブルコインなどのデジタル通貨は、特定のコミュニティ以外ではあまり知られていない方法です。そのため、ある程度の反対意見もあるでしょう。

しかしステーブルコインが、米国民の生活においていかに便利で優れているかを知らせるまたとない機会でもあります。

仮想通貨の利点として、仮想通貨は小切手の紛失や偽造といった問題を防ぎます。

トランプ大統領は、支援を複数回に分けて行う方針を示していますが、仮想通貨はあらかじめ決められた時間に決められて方法で配布することに向いています。その為に従来の小切手と比較すると、格段に時間や労力の削減が可能です。

仮に、アメリカの2億5千万人の成人に小切手を送るとすると、1億3800万ドルのコストがかかると推定されます。米政府が財政面でのコロナウイルス対策にデジタル通貨を組み込むことができれば、他の国のモデルケースとなることも考えられます。

米政府が進化するデジタル通貨を市民レベルまで普及させることが、アメリカ国民の健康を守っているという明確なシグナルにもなります。

バイナンスが香港ドルの入出金サービスを開始

Hcardとは|審査不要の仮想通貨一体型デビットカード