Binance(バイナンス)が次世代ブラウザBraveと提携

ニュース

Binance(バイナンス)が次世代ブラウザBraveと提携

2020年3月24日、世界最大級の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が、ブラウジングするだけで仮想通貨などが稼げる次世代ブラウザ「Brave(ブレイブ)」との提携を発表しました。

具体的には、ブラウザソフトである「Brave」を開いた時に、自動的にBinanceウィジェットが表示され、そのまま取引所であるBinanceへとアクセスが可能となるようです。

さらには、ブラウザ上だけでBinanceを通さず瞬間的な仮想通貨トレード(インスタントスワップ)も可能になる点が魅力となっています。

また、Braveに搭載されているウィジェットからは、仮想通貨トレードはもちろん、資産状況の確認や出金アドレス確認などがブラウザ上で行えます。

つまり、Binaceを利用しているユーザーは、このBraveのウィジェット機能を利用することで様々な恩恵を受けることができます。

なお、対応仮想通貨の銘柄については、ビットコイン(BTC)をはじめ、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの人気通貨はもちろん、Binanceで取り扱われている銘柄になるとのことです。

Braveウィジェットは以外の機能も

インスタントスワップなどの便利な機能を搭載した次世代ブラウザBraveのウィジェット機能ですが、機能面だけでなく「ユーザーのプライバシーも保護するよう設計されている」とのこと。

基本的に、Braveブラウザはプライバシー保護という点を重視しているのが特徴であり、人気を集めているのも事実ですので、そういった面では既存のBrave利用ユーザーにとってもBinanceとの提携は魅力であると言えるでしょう。

今回新発表されたBinanceウィジェット機能は、テスト版の「Brave Nightly(デスクトップ向けVer.)」で、2020年3月24日から利用できるようです。

なお、一般利用ユーザー向けバージョンに関しては、2020年4月リリース予定とされており、もっとも利用者が多いと考えられるモバイル版のサービス提供については、今後随時発表予定としています。

近年、スマホはアプリ、ブラウザともにとても高機能なものになっており、さらなる開発が進んでいますが、こうしたブラウザソフト開発会社とBinanceなどの仮想通貨取引所が提携することにより、さらにトレードの効率化が期待できそうです。

バイナンスがShyftネットワークと提携

バイナンスがインドで50億超えのファンドを設立