仮想通貨取引所PaxfulがBTCと金のP2P取引を開始

ニュース

仮想通貨取引所PaxfulがBTCと金のP2P取引を開始

P2Pの仮想通貨取引所Paxfulは、プラットフォーム上で金の売買サポートを行うと発表しました。

Paxfulの設立者でもあるレイ・ユーセフCEOは、「金とビットコインの売買需要を調査したところ、驚くほど高いことが分かった」と述べています。

Paxfulでは、金を所有するユーザーとBTCを保有するユーザーは、互いに取引できます。

なお、ユーザーが50ドル分以上の金を所有するようになった場合は、マネーロンダリング防止プログラムに則ったKYC(顧客確認)が行われます。

また、BTCはPaxfulの口座に残りますが、金は取引から21日以内に物理的に配送されます。

今回の件についてPaxfulは、次のように述べています。

「金は世界共通の資産で、透明性や実用性を金揃えており、将来への安全な投資だとみなされています。
プラットフォームに金の取り扱いを加えることで、アフリカなどの金の保有率が高い地域でのビットコイン取引が促進されます。」

ビットコイン暴落でBitMEX(ビットメックス)の資産が大幅減

オーケーコイン・ジャパンが仮想通貨取引業者として登録