仮想通貨リブラ(Libra)の発行計画が大きく変更

ニュース

仮想通貨リブラ(Libra)の発行計画が大きく変更

フェイスブックが発行を目指す仮想通貨リブラ(Libra)を開発・管理するリブラ協会は、従来の方針を大きく変更することを明らかにしました。

これまでは複数の法定通貨をバスケット方式でペックしたステーブルコインに近いものを発行する予定でした。

しかし、今回明らかになった内容では、これまでのリブラに加え、米ドルとペックされたリブラUSD(LibraUSD)やリブラEUR(LibraEUR)など、複数の法定通貨のステーブルコインを目指すとしています。

このことは昨年に発表されたリブラのホワイトペーパー以来、多くの国や金融団体がリブラに対して強い拒否反応を表明していたことへの対応と見られています。

バイナンスが仮想通貨プロジェクト「ヴィーナス(Venus)」を発表|フェイスブックのリブラ(Libra)に対抗か

リブラ開発者「フェイスブックはプロジェクト構成メンバーの1つに過ぎない」