仮想通貨取引に課税しない8つの優しい国

ニュース

仮想通貨取引に課税しない8つの優しい国

各国で仮想通貨に関する法整備が進められる中、税金の面で大きな優遇が受けられる国もあります。

ポルトガル
個人の仮想通貨の取引にかかる税金は全て免除されます。

ドイツ
個人の場合、1年以上保有していた仮想通貨については、得られた利益に対する税金を支払う必要はありません。

シンガポール
仮想通貨を投資として保有している個人も法人も、課税されません。

マレーシア
シンガポールと同様、仮想通貨から得られた利益に税金はかかりません。
ただし、マレーシアではビットコインが法定通貨として認められるようになるという噂があり、そうなると状況が変わるかもしれません。

ベラルーシ
2018年3月に施行された新しい法律で、少なくとも2023年までは仮想通貨に関しては全て課税対象から除外されることになりました。

スロベニア
仮想通貨の売買で得られたキャピタルゲインに対する課税はありません。

マルタ
長期保有している仮想通貨に対して税金がかかることはありませんが、取得したその日のうちに売却した場合は、株式などのデイトレードと同様の、35%の所得税が課税されます。

スイス
個人的な仮想通貨の売買にも資格が必要ですが、税金はかかりません。
ただし、マイニングによる所得に対しては、所得税が課税されます。

 

インフレが進む中、資産を守る手段はビットコイン?それとも金?

リブラ・ウォレットのカリブラがリブランディングで「ノヴィ(Novi)」に