オリジンプロトコルがサムスンブロックチェーンウォレットで利用可能に

ニュース

オリジンプロトコルがサムスンブロックチェーンウォレットで利用可能に

「Origin Protocol」(オリジン プロトコル)のアプリが、「Samsung Blockchain Wallet」で利用可能になったことが発表されました。

今回の発表により「Origin」を世界中の「Samsungユーザー」がモバイルデバイスから直接「Origin Marketplace」で取引できるようになります。

この開発のメリットとして、「Origin Protocol」は世界中の誰もが製品やサービスのリスト作成や、オファーを作成することが可能になります。

さらに、Originプロトコルを利用したアプリは、「Samsung Blockchain Keystore」を使用して秘密鍵情報を作成し、安全に資産を保管することができることで、今以上に信頼と安心があるものとなります。

今回の発表をOriginチームは、「Originを世界中のSamsungユーザーに紹介するこの機会に感謝しています」と感謝の意を表しました。

最近の開発チームのツイートでは

「マーケットプレイスを数百万人が利用できるようにします。サムスンユーザーはほんの始まりにすぎません。」

と強気のコメントを残し、ユーザーの期待に応える姿勢を示しました。

またOriginチームは、ソフトウェア開発キットである「Samsung Blockchain Keystore(SDK)用」の「React Native」の開発およびオープンソース化も実施しています。

React Nativeは、元々Reactというフェイスブックが開発したJavaScriptのフレームワークであり、それをモバイルで使えるようにしたもので、1つのコードでiOSとAndroidのアプリ両方のプラットフォームで動くものが作れることから人気があります。

開発チームはKeystore SDKへのスムーズな統合を可能にすることも明らかにしています。

モネロ(XMR)の上場検討でアメリカの懸念が勃発

元日産CEOカルロス・ゴーン被告逃亡事件の報酬はビットコインで支払われていた