Pundi XがOrigin Protocolを使用したネットストアの立ち上げを発表

ニュース

Pundi XがOrigin Protocolを使用したネットストアの立ち上げを発表

Origin Protocol(オリジン プロトコル)とは、ピアツーピア(P2P)マーケットプレイスおよびeコマースアプリケーションを作成するためのオープンソースプラットフォームです。

このOrigin Protocolの分散型eコマースプラットフォーム『Dshop』を利用したコミュニティ収益分配型グッズストアを、Pundi Xが立ち上げたことを公式ブログで発表しました。

このストアでは、さまざまなPundi X関連商品を購入できますが、支払い方法としてクレジットカードはもちろん、NPXS、BTC、ETH、OGNなどの暗号通貨の使用が可能です。

また、このストアではストア内のリクエストフォームを利用し、自分でデザインしたPundi Xブランドの商品をストアに掲載できるようにリクエストをすることができます。

提案した商品が無事にストアに掲載されると、Pundi Xのスタッフがその商品の販売促進を行い、デザイナーはこれにより発生した収益の1%の報酬を得ます。

また、デザイナーは収益の1%を受け取る代わりに、NPXSトークンで1%の収益をburn(仮想通貨の発行枚数を減らす行為)するかを選ぶこともできます。この場合、Pundi Xはトークンの合計供給からさらに1%をリムーブすることになります。

次世代の新しいプラットフォームであるIPFS(InterPlanetary File System)の普及にあたり、今回Pundi Xが発表したストアが今後のオンラインストアの新しい形の先駆けとなりそうです。

Filecoinがメインネットローンチを10月15日頃と発表、開始後にはイベントも予定