米ブルームバーグがUniswapの急成長を紹介

ニュース

米ブルームバーグがUniswapの急成長を紹介

イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上に開設されている分散型取引所(DEX)の注目度が増すなか、米ブルームバーグがDEX最大手であるUniswapの急成長ぶりを取り上げています。

Uniswapは2018年末にメインネットを開始して以来、2年弱でDEXの最大手に成長し、1日当たりの取引高は約2億2,000万ドルで、世界第4位だと説明しています。

記事ではUniswap創設者のハイデン・アダムズ氏のTwitterへの書き込みを引用し、取引高がコインベースを上回った時期があったことに触れています。

Uniswapの急成長ぶりの要因

ブルームバーグではUniswapの急成長ぶりの要因として、仮想通貨の貸与であるイールドファームを挙げています。

また、UniswapではネイティブトークンであるUNIを発行し、イールドファームの対価としている点についても、成長要因のひとつとしています。

さらに、Uniswapで取り扱われているトークンがバイナンスを上回る845種類であると説明し、急成長の要因としてトークン上場の容易さも挙げられると説明しています。

ただし、ブルームバーグはUniswapを手放して称賛しているわけではなく、問題点として利用者の少なさを挙げ、バイナンスの1,500万人に対し10万~5万人程度だとしています。

記事では利用者が10万人未満で成功だと言い切るのは早すぎるとしたうえで、Uniswapの現状を「まだ始まったばかり」だとし、今後が注視されるとしています。

Blockchain.comでオリジンプロトコル(OGN)が利用可能に