米国証券取引委員会(SEC)のリップル提訴による影響広がる

ニュース

米国証券取引委員会(SEC)のリップル提訴による影響広がる

米国証券取引委員会(SEC)がリップルを提訴する方針であることを受け、3つの取引所が仮想通貨XRPの取引を停止し、1つのファンドがXRPの精算を行いました。

これらの取引所やファンドは米国の規制当局による訴訟のリスクを避けるために取り扱いを停止したものとみられます。

CrossTower取引所は米国の取引所でのみXRP取引を一時停止、OSL取引所はすべてのプラットフォームで取引および支払いサービスを含むXRPに関連するすべての取引を一時停止、Beaxy取引所はXRPに関連するすべての取引操作を直ちに停止しました。

また、仮想通貨ファンドBitwiseは、ファンドが扱うのすべてのXRPを清算し、売却による収益を他のポートフォリオ資産に振り向けると発表しました。

米国証券取引委員会(SEC)が起こした訴訟の影響が広がりをみせています。

ファイルコイン、ネットワークがバグにより一時停止するも4時間後に修正