BraveがブラウザからのIPFSへのアクセスを容易に

ニュース

BraveがブラウザからのIPFSへのアクセスを容易に

Braveは2020年12月3日、ブラウザの開発テストバージョンにIPFSのネイティブサポートを導入しました。

Braveは、ChromiumWebブラウザに基づいてBraveSoftwareによって開発された無料のオープンソースWebブラウザです。

広告ブロック機能を標準装備し、ブロックした広告の代わりにBraveが別の広告を挿入し、その収益をウェブサイト、Brave、広告代理店、ユーザーの4者に分配するというビジネスモデルで知られています。

Brave(ブレイブ/BAT)の特徴とは?|ブロックチェーン技術を活用した高速ブラウザ

今回の導入により、Braveのユーザーはブラウザで直接【ipfs://】や【ipns://】を入力することでIPFSにアクセスすることができるようになります。

また、BraveユーザーはIPFSゲートウェイを使用するか、go-ipfsを使用するローカルノードをインストールするかを選択して使用でき、IPFS infobarをインストールすればより簡単にIPFSにアクセスすることができるようになります。

米国の資産運用会社、3度目のビットコインETFの許可申請