テザー社とニューヨーク州司法当局、融資めぐる裁判で和解

ニュース

テザー社とニューヨーク州司法当局、融資めぐる裁判で和解

テザー社の8億5000万ドルの融資をめぐる裁判で、同社は米ニューヨーク州司法当局(NYAG)と和解し、2019年4月から始まった裁判が終結することになりました。

同社は融資が不正に行われたなどとして、融資先である仮想通貨取引所のビットフィネックスとともにNYAGに提訴されていました。

BitfinexのCFOが行方不明の巨額資金について言及「2、3週間で戻るだろう」

和解の内容は、テザー社が和解金として1850万ドルを支払い、テザー社とビットフィネックスのニューヨーク州での運営を停止するというものです。

また、準備金の報告書を定期的に提出することや、両社間の取引を開示することも求められました。ただ、融資が不正であったという点については、両社とも認めていません。

テザー社は公式サイトで和解について報告するとともに、同社のステーブルコイン・テザー(USDT)が米ドルの裏付けなしに発行されているという憶測は当たっていなかったとするコメントを出しています。

これに対し、NYAGは2017年と18年の一時期、USDTが同額の米ドルによる裏付けなしに発行されていたと主張しています。

USDTは米ドルにペッグしたステーブルコインでは最もシェアが大きく、コインゲッコーによると時価総額は仮想通貨では第4位となる約348億ドルとなっています。

日銀主導のデジタル通貨、実証実験は今春から開始