LINE、シータネットワークと提携でLINKが貰える仕組みが追加

ニュース

LINE、シータネットワークと提携でLINKが貰える仕組みが追加

ブロックチェーンを活用した分散型動画配信サービス「シータTV」を提供しているシータネットワークが、大手SNSのLINEと提携し、日本でも利用可能になります。

シータTVはYouTubeのように中央管理者が動画を管理するのではなく、ユーザー同士が動画を提供し合う分散型ネットワークを採用しています。

日本のシータTVはLINEブロックチェーン上のdAppsとして提供されますが、現時点ではAndroid用のアプリのみが提供されており、グーグルプレイストアから入手できます。

シータTVを利用し、動画配信に利用できる帯域を提供することで、LINEの仮想通貨であるLINKと交換できる「LINKリワード」がもらえる仕組みになるとみられます。

海外では報酬として独自のトークンである「TFUEL」がもらえる仕組みになっていましたが、日本ではTFUELを取り扱っている仮想通貨取引所がなく、シータTVの利用ができない状態でした。

そのため、LINEと提携することで、日本の仮想通貨取引所でも取り扱われているLINKの報酬としての利用が可能になり、日本進出につながったとみられます。

シータネットワークは今後、米航空宇宙局(NASA)などのプレミアムコンテンツの提供につなげたいとしたうえで、日本進出について「大きなマイルストーンだ」と高く評価しています。

一方、LINE側もシータネットワークの日本進出について「今年はLINEブロックチェーンの普及初年度になる」と、高く評価しています。

リップル、マネーグラムとの戦略的パートナーシップを解消