日銀、CBDC実証実験フェーズ1を開始-来年3月末まで実施

ニュース

日銀、CBDC実証実験フェーズ1を開始-来年3月末まで実施

日本銀行は中央銀行デジタル通貨(CBDC)について、実証実験を開始したと発表しました。実験内容はフェーズ1と呼ばれるもので、発行や送金など基本的な機能についての実験を行います。

フェーズ1は来年3月まで行われる予定で、実験環境の構築の委託先については入札の結果、日立製作所に決定したことも発表しました。

日立製作所はブロックチェーンについての研究を進めており、昨年12月にはみずほ銀行を共同で物流にブロックチェーンを活用する実験を行うと発表しています。

日銀の実証実験フェーズ1の完了後はフェーズ2に移行し、オフライン決済機能や匿名性の確保、セキュリティー対策などについて実証実験を行う計画だと説明しています。

そのうえで、日銀が必要だと判断すれば、民間事業者や消費者が参加する形でパイロット実験を行うことについて検討するとしています。

なお、日銀は今のところCBDCを発行する計画はありません。しかし、世界各国でCBDCの発行計画が進行しているなか、国際動向の変化に対応する準備を行うため、実証実験を実施する説明していました。

実証実験については、本年度の早い時期にフェーズ1を開始すると説明しており、現時点ではほぼ予定通りに進んでいるといえます。

欧州中央銀行が「デジタルユーロ」の商標登録を申請、発行は2021年半ばまでに判断