米大手不動産会社、ビットコインで家賃が支払えるサービスを開始

ニュース

米大手不動産会社、ビットコインで家賃が支払えるサービスを開始

米カリフォルニア州大手不動産会社Carusoが、家賃をビットコインで支払えるサービスの開始を発表しました。

今回のサービスによって家賃をビットコインで支払える物件は、南カリフォルニア州を中心にCarusoが取り扱っている住宅やモール、エンタメ施設など大規模な範囲となる見込みです。

また、Carusoの物件にはビットコインでの決済受付を発表したテスラの販売店もあることから、ビットコインで家賃を支払う第1号は、テスラの最高経営責任者であるイーロン・マスク氏ではないかと注目が集まっています。

Carusoが仮想通貨取引所ジェミナイと提携

ビットコインを使って家賃の支払いができるサービスは、Carusoが仮想通貨取引所Gemini (ジェミニ) と提携したことで実現しました。

Carusoのオーナーであるリック・カルーソ氏は、ビットコインへの投資ですでに多額の利益を得ていることを明かしています。Carusoとしてはビットコインでの家賃支払いの普及は急がないものの、かつてのクレジットカードのように一般的になると考えている様子です。

Carusoは大手不動産企業の中でも多額のビットコインを購入していて、財務資産の1パーセントはビットコインに当てられることが今回明らかになっています。

プレイボーイ誌がNFTへの参加を発表ーNifty Gatewayと提携