NFT事業でヤフーとLINEが提携|二次流通市場の拡大見込み

ニュース

NFT事業でヤフーとLINEが提携|二次流通市場の拡大見込み

LINEの子会社でブロックチェーン事業を行うLVCは7月27日、二次流通市場の拡大を目論んでのNFT事業でYahoo!Japan(以降ヤフー)と提携することを公表しました。

二次流通市場とは、一度市場に出回った品物が再度販売されることで、古本屋や古着屋に代表されるセカンドハンド事業のことを指します。

両者は事業提携の理由について、市場拡大が見込まれるNFT事業の土台作りのメリットとなると述べています。

今回の提携により、LINEのウォレット「LINE BIT MAX Wallet」で扱われるNFTアイテムをヤフーの「ヤフオク!」上で取引することが可能になります。

LINE BIT MAX Wallet2020年の8月から使用され、今年の6月からは同ウォレット内の「NFTマーケットβ」が始動しています。

アマゾン、「年内のビットコイン決済導入」報道を否定