エルサルバドル、3週間で人口の約30%がビットコインウォレット「Chivo」を利用

ニュース

エルサルバドル、3週間で人口の約30%がビットコインウォレット「Chivo」を利用

エルサルバドルのブケレ大統領は9月26日、同国の国民の約30%にあたる210万人がビットコインのウォレット「Chivo」を利用していると発表しました。

この数はChivoをダウンロードした数ではなく、実際にChivo利用している人の数だとし、「Chivoのリリースからわずか3週間で、国内のどの銀行よりも多くのユーザーを獲得した」と主張しています。

200台を超えるビットコインATMがエルサルバドルには設置されており、ビットコインATMの数では、アメリカ、カナダに続いて世界第三位となっています。

エルサルバドル政府は、Chivoをダウンロードしたユーザーに対し、30米ドル(3300円相当)のビットコインをインセンティブとして付与しています。

エルサルバドルがビットコインを法定通貨に正式に採用した9月7日にChivoウォレットは登場し、企業や個人が世界中のあらゆる場所からビットコインや米ドルで支払うことを可能にしています。

その一方で、9月15日に首都のサンサルバドルでビットコインの法定通貨化に反対する人たちの抗議デモが起こるなど、全ての国民に好意的に受け止められている訳ではありません。

ビットコインが法定通貨化される前の8月に行われた意識調査では、国民の半数以上がビットコインを法定通貨になることで物価が上昇するのではないかと回答し、約7割がビットコインを法定通貨とする法律は廃止するべきだと回答していました。

エルサルバドル、ビットコインのキャピタルゲインは無課税