SBI子会社、仮想通貨に特化したベンチャーファンドを設立

ニュース

SBI、仮想通貨に特化したベンチャーファンドを設立

9月30日、SBIグループの100%子会社SBI Ven Capital社は、スイスのデジタル資産銀行であるSygnumとイタリアの資産運用会社であるAzimutグループとともに、最大約84億円の規模のベンチャーファンドを設立すると発表しました。

Sygnum社は仮想通貨に特化したデジタル資産銀行で、シンガポールとスイスに拠点を置いており、ブロックチェーン上で自社の株をトークン化した実績があります。

また、Azimutはイタリアの資産運用会社で、親会社はイタリア証券取引所に上場しており、ヨーロッパやアメリカ、アジアなど世界各国に拠点を持っています。

新たなベンチャーファンドの本拠地はシンガポールに置き、ヨーロッパのデジタル資産関連企業や東南アジアに投資を行う予定です。

SBIやSygnum、Azimutが持つブロックチェーン技術の知見を活かして、デジタル資産関連の有望なスタートアップ企業の支援を行うとしています。

さらに同日、SBIはNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスを運営するスマートアプリを子会社化して、NFT分野に参入すると発表しました。

スマートアプリの株式を80%取得して連結子会社とし、社名をSBINFTに変更する予定です。

中国EC大手アリババ、仮想通貨マイニング装置の販売を禁止