GMOコインが10月20日からシンボル(XYM)の取引を開始

ニュース

GMOコインが10月20日からシンボル(XYM)の取引を開始

国内大手の仮想通貨取引所GMOコインは10月7日、銘柄XYM(シンボル)の取り扱いを10月20日から開始することを発表しました。

取引の規則などの詳細は同社コーポレートサイト上に公開されるとしています。

GMOコインはXYMの取り扱い先としてZaif、サクラエスクチェンジ(取次業務)、bitbankに次いで4つ目となります。

1020日にXYMが加わることでGMOコインの取引銘柄は15になります。

GMOの取引全銘柄は以下の通りです。

なお、XYMの時価総額は101日のコインマーケットキャップ調によると約840億円とされています。

米国が仮想通貨を含むサイバー攻撃への対策を計画ー今月にも30カ国を召集か