コインベースのNFTマーケットプレイス、事前登録で100万人超え

ニュース

コインベースのNFTマーケットプレイス、事前登録で100万人超え

10月13日、コインベースのNFTプラットフォームの事前登録が公開されて以来、既に100万人を超える申し込みがあったことがわかりました。

コインベースは、アメリカのサンフランシスコに本拠地で、全世界で6800万人以上の利用者を抱える業界大手の取引所です。

2021年の8月19日からは日本で取引所を立ち上げて日本でのサービスを開始しており、月間アクティブユーザーは880万人に上ります。

2021年度内にローンチ予定のNFTプラットフォーム「コインベースNFT」では、ユーザーがNFTを鋳造、検索、展示が可能となります。

また、プラットフォームが顧客の身元確認を行わない方針で、ユーザーが自分のウォレットを利用してトークンを管理する方法を採用しています。

コインベース以外にも、大手の仮想通貨取引所がNFTマーケットプレイスに参入しており、バイナンスやFTXは独自のNFTマーケットプレイスを立ち上げています。

日本ではGMOコインとコインチェックが類似のサービスを提供しており、2022年の春に楽天もNFTプラットフォームをリリースする予定です。

コインベース、米の仮想通貨規制に関して4つの政策提言を発表