フォビグループ、飲食店での独自仮想通貨を利用した決済を開始

ニュース

フォビグループ、飲食店での独自仮想通貨を利用した決済を開始

国内の仮想通貨取引所のフォビジャパンを運営するフォビグループは10月15日、独自仮想通貨であるフォビトークン(HT)の実需決済を開始したと発表しました。

東京・六本木の焼肉店「六本木焼肉MASU」で、対象コースをフォビトークンでの支払いが10月4日から10月31日までの期間限定で行うことができ、当日のフォビトークン価格で対象コースの内容が決定します。

今回の目的は、フォビトークンでの実需決済をサービスの提供を行うことにより、決済業務の迅速化と効率化の検証を行うことだとしています。

フォビジャパンは、今回の試験的な導入で得られた結果を元に飲食業界だけでなく、実店舗でも仮想通貨の活用を広める活動を継続していく方針です。

フォビトークンの発行主体は、フォビジャパンのグループ会社であるHuobi Global(フォビグローバル)という仮想通貨取引所で、日本国内取引所では、フォビジャパンのみがフォビトークンを取り扱っています。

フォビトークンはERC20(イーサリアムが公開するトークン規格)を用いて開発されたトークンで、イーサリアムのブロックチェーン上で動作し、決済や送金もイーサリアムのブロックチェーンで記録されています。

コインベースのNFTマーケットプレイス、事前登録で100万人超え