グッチがザ・サンドボックス内の仮想土地を購入-公式ツイッターで発表

ニュース

グッチがザ・サンドボックス内の仮想土地を購入-公式ツイッターで発表

イタリアのファッションブランドの「グッチ」は、ブロックチェーンゲーム「ザ・サンドボックス」内にある仮想の土地を購入したことを公式ツイッターで発表しました。

米ファッション雑誌・ヴォーグの公式サイトによると、グッチは仮想土地をどのように活用するかについて、現時点では詳細を明らかにしていないとしています。

そのうえで、グッチがザ・サンドボックス内で発行したファッションアイテムについては、ゲーム内で購入・所有し、使うことができるようになると説明しています。

今回の仮想土地の購入は、Z世代といわれる1990~2010年代生まれをターゲットとしており、購入した土地は非公開のものだと報じています。

グッチはこれに先立ち、1月22日にはメタバースやNFTを専門的に取り扱うディスコードのチャンネル「グッチ・バリュー」を開設しています。

現在、このディスコードチャンネルのフルタイムマネジャーを募集しています。応募者は従来のような履歴書ではなく、ツイッターアカウントやお気に入りのNFTミームなどを提出する必要があります。

日本のアートオークション企業がメタバース事業「江戸バース」の制作を発表