音楽業界大手ワーナーとNFTゲーム企業が提携ーP2Eの拡大へ

ニュース

音楽業界大手ワーナーとNFTゲーム企業が提携ーP2Eの拡大へ

米国の有力レコードレーベルであるワーナー・ミュージック・グループは223日、ブロックチェーンゲーム事業で注目を集めているスプリンターランズと業務提携を開始したことを明かしました。

両者のターゲットはP2EPlay to Earn)プロジェクトの開発で、ワーナー作品や所属しているアーティストを押し出した展開を計画しているとのことです。

スプリンター・ランズは、2018年にリリースしたブロックチェーンデジタルカードゲームタイトルと社名を同じとする企業で、45万人のユーザーが現在も利用していることから人気NFTゲーム企業のひとつに発展しています。

スプリンター・ランズのCEO、ジェシー・ライキ氏は「ワーナーの取り扱う音楽やアーティストに、NFTや仮想通貨、ブロックチェーンが融合することで、Web3.0に求められている基準にまで業界を推し進めている」と述べています。

オランダの市場調査企業であるNewzooによると、ゲームによって収益を得るP2Eeスポーツを中心に2021年に多くの人に利用され、2022年にはさらにゲーム業界の主流になることを報告しています。

またP2Eに限らず複数のメタバースプラットフォームが多くの若者に利用されていることから、メタバースゲームの発展も大きな進展が見込めるとしています。

グッチがザ・サンドボックス内の仮想土地を購入-公式ツイッターで発表