【初心者向け】仮想通貨でよく聞く「DApps」ってなに?

初心者向けの基本知識

【初心者向け】仮想通貨でよく聞く「DApps」ってなに?

こんなゲームが今、世界で人気になりつつあることをご存知ですか?

これらは「DAppsゲーム」といわれていて、次世代のソーシャルゲームとして大変注目がされています。

でも、まだ新しいサービスなので「そもそもDAppsってなんのこと??」という方も多いのではないのでしょうか?

そこで今回は、DAppsについてかんたんに説明していきたいと思います!

DAppsとは?

まずはじめに、DApps(ダップス:Decentralized Applications)というのは分散型アプリケーションの総称のことで、

かんたんにいうと、ブロックチェーン技術を利用することで、利用者全体でシステムを動作させている特定の管理者のいないアプリのことです。

【初心者向け】知っておきたいブロックチェーンと分散台帳技術(DLT)の基本

より具体的なDAppsの定義は以下の通り。

DAppの定義

  • 完全にオープンソースかつ自律的に動作しなければならない。また、そのトークンの大部分を制御する中央集権的な存在が無いこと。
  • ユーザーからの改善の提案や市場からのフィードバックに応じて、そのプロトコルを適合させることができるが、すべての変更は、そのユーザの合意によって決定されなければならない。
  • データと操作記録は、公開された分散型ブロックチェーンに暗号的に格納すること
  • DAppの利用には暗号トークンを使用しなければならず、かつ、そのトークンによって報酬を与えられるべきである。
  • DAppは、ノードがアプリケーションに貢献していることの証明として動作する標準の暗号アルゴリズムに従ってトークンを生成する必要がある。

どんなDAppsがあるの?

では具体的にどのようなものがあるのかご紹介していきますね!

例えば、仮想通貨の代名詞ともいえるビットコインイーサリアムもDAppsの1つです。

また、DApps版ポケモンともいえるEtheremonもDAppsの1つこのようなゲーム分野はDAppsの浸透の起爆剤になるともいわれています。

他にも、クラウドストレージサービスSTORJや、SNSサービスのSteemit、次世代ブラウザBraveなど、既にさまざまな魅力的なアプリケーションが開発されているんですよ。

なぜDAppsが注目されているの?

様々な分野でDAppsが開発されはじめていますが、なぜそんなにDAppsが注目されているのでしょうか?

その理由の1つとして挙げられるのは、企業や国といった特定の存在に依存しなくても、ブロックチェーンの特徴によって「信用」を生み出すことができる点にあります。

また、これは同時に、特定の存在がいなくなることでコストの削減にもつながるため、経済活動がより活発になることが考えられています。

また、ブロックチェーンによって透明性や安全性が保たれることや、特定のサーバに依存しない分散型の仕組みによってサービスが停止するおそれがないことなどから、資産管理の点でも大きなメリットがあるといわれています。

DAppsの課題

さまざまなメリットや可能性を秘めているDAppsですが、一方で、

    • 取引に時間がかかる可能性がある
    • 手数料が高くつく可能性がある
    • トークン価値の振幅が大きすぎる
    • 法律が追いついていない
    • ユーザビリティが低い

といったように、これから普及していくためには、技術的にも法律的にも解決していくべき課題がたくさんあるのが現状です。

DAppsの将来性

このように、DAppsは新しい仕組みであるため課題はまだまだ多いものの、LINEによるトークンエコノミー構想にDAppsへの言及があったように、大手企業によるDAppsの開発は着々と進んでいます。

また以下のように、グーグルやサムスンなどの大企業によって、DApps開発をしている企業に対して巨額の投資も行われています。

トークンエコノミーと不可分と思われるDAppsは、実用化に向けてますます開発されていることがわかりますね。

これからどんどん新しいDAppsがリリースされていくので、面白そうなものがあればこのサイトでもご紹介していきますし、ぜひご自身でもDAppsに注目して面白そうなものがあれば使ってみてくださいね!

【初心者向け】仮想通貨とトークンの違いやトークンエコノミーについて