【初心者向け】仮想通貨のお財布『ウォレット』ってなに?おすすめの管理方法も解説!

ウォレット

【初心者向け】仮想通貨のお財布『ウォレット』ってなに?おすすめの管理方法も解説!

ウォレットとは?

仮想通貨をはじめようとすると、よくわからない単語が出てきますよね。

ウォレットもその1つだと思います。

単純にウォレット=仮想通貨の財布と考えても間違いではないのですが、もう少し詳しく説明すると、ウォレットとは、「仮想通貨を安全に保管する場所」という意味があります。

仮想通貨は法定通貨のように物理的に存在するわけではなく、データとして存在しています。

そしてその仮想通貨を守るためには、セキュリティが大切になり、そのセキュリティの強さや特性によって、さまざまなウォレットが存在しています。

それらのウォレットは以下ののように大きく4つに分けることができます。

  • 取引所
  • ハードウェアウォレット
  • ウェブウオレット
  • ソフトウェアウォレット

次項でそれぞれの内容はについて詳しく説明していきます!

ウォレットの種類

取引所

仮想通貨を始めたばかりの初心者の方が思っているウォレットは恐らくこの「取引所」の事だと思います。

取引所を開設し、そこで購入して預けておけば大丈夫。と思われている方も多いと思いますが、実はこれはリスクの高い方法です。

なぜなら、取引所には、ハッキングや倒産といった被害のリスクがあるからです。

日本の大手取引所であるCoincheckやZaifでも大規模なハッキング被害がありましたし、最悪の場合、会社が倒産してしまい、全てパーになってしまった!という事もあり得るのです。

取引所=ウォレットと思っている方は、要注意です。

▽代表的な取引所
  • Zaif
  • CoinCheck
  • bitFlyer

オンラインウォレット

オンラインウォレットは、取引所のようにインターネット上にウォレットを持つことになりますが、取引所よりも安全に保管することができます。

何故なら、取引所に預けている場合、取引所そのものが倒産してしまった場合には、仮想通貨を引き出せなくなってしまいますが、オンラインウォレットにはその心配はありません。

しかもメールアドレス・ID・パスワードを設定するだけで簡単に使用することができるのでお勧めです。

ただし、セキュリティを強くしてあるとはいえ、インターネット上のウォレットには代わりないため、ハッキングといったセキュリティ上のリスクがゼロとにはなりません。

この辺りを注意して使用するようにしましょう。

▽代表的なオンラインウォレット

ソフトウェアウォレット(モバイルウォレット)

ソフトウェアウォレットは、その名の通り「自分のパソコンやスマホにソフトウェアをダウンロードして使うウォレット」の事を言います。

取引所やオンラインウォレットとは違い、完全ローカルに置いておくため、ハッキング被害や倒産といった被害がありません。(個人PCをハッキングというリスクはありますが、オンラインと比べるとその差は歴然です。)

しかし、ローカルに置いておくという点から、「いつ・どこでも簡単に利用可能」といったオンラインのメリットはなくなってしまいます。

また、パソコンやスマホが故障してしまった場合は管理が不可能となってしまうので、長期保管には向かないと言われています。

▽代表的なソフトウェアウォレット

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、その名の通り「ハードウェア」、つまり個体で「秘密鍵」を管理できる端末の事を言います。

完全にオフラインでの使用となるのでハッキングリスクは皆無であり、セキュリティ面では非常に強固といえるでしょう。

また、紛失・故障してしまった場合でもパスフレーズを残しておけば復元することが可能なので、仮想通貨を守るためのセキュリティの強いウォレットといえます。

しかしデメリットもあり、

・値段が高い(1万~2万円)
・対応していない通貨は管理できない

といった点は考慮する必要があります。

▽代表的なハードウェアウォレット

・Trezor(トレザー)
・Ledger(レジャー)

おススメの管理方法は?

先に4種類のウォレットをご説明しましたが、結論どのウォレットがいいのでしょうか?

もちろん、用途によって使い分ける事がベストですが、通常取引をする為だけならば、「ソフトウェアウォレット」をおススメします。

しかし、機器の故障等も考えられるため、失って困るような額の資産をソフトウェアウォレットに保有しておくことは避けましょう。

大きな金額を長期的に保有しておきたい場合には、ハードウェアウォレットでの管理を心がけましょう。

まとめ

今回は、仮想通貨において非常に大事なウォレットについてご紹介しました。

ただ単純に仮想通貨の保管をする場所という意味だけでなく、用途や状況によって「便利」で「安全」に保管ができるものだという事がご理解いただけたかと思います。

一日や一瞬にしてあなたの大切な資産がゼロになってしまわないよう、ウォレットを使い分けてなるべくリスクを回避していきましょう。

また、全てのウォレットに共通することとして、アクセスするための秘密鍵やパスフレーズを紛失してしまった場合は、どうする事もできません。

仮想通貨はご自身の資産の一部なので、管理をしっかりと行っていきましょうね!

【初心者向け】仮想通貨って本当に大丈夫なの?

【初心者向け】FUDとは? 仮想通貨で騙されないための3つの心得