【仮想通貨】『ERC-20』とは?【用語集】

初心者向けの基本知識

【仮想通貨】『ERC-20』とは?【用語集】

ERC-20(読み)イーアールシー トゥウェンティ

ERC-20とは、イーサリアムでトークンを発行するための規格のことで、Ethereum Request for Comments: Token Standard #20(イーサリアムのトークンに関する提案の20番目のコメント)の略称です。

ERC-20がイーサリアムのコミュニティで採用される以前は、規格が標準化されておらず、各トークンが独自のプログラミング言語やアルゴリズムを活用していたため、トークンを一括管理できない、送金方法や受信方法が異なる問題がありましたが、ERC-20によってトークン作成の規格が標準化されたことで、これらの課題が解決したことにより、準拠したトークンが開発されました。

以下、主なERC-20トークンを利用したコイン

  • BNB(バイナンスコイン)
  • USDC(USDCoin)
  • MKR(Maker)
  • VET(VeChain)
  • TUSD(TrueUSD)
  • OMG(OmiseGo)
  • ZIL(Zilliqa)
  • ZRX(ZRX)
  • BAT(Basic Attention Token)
  • PAX(Paxos Standard)

【仮想通貨】『ペッグ通貨(ステーブルコイン)』とは?【用語集】

【初心者向け】仮想通貨とトークンの違いやトークンエコノミーについて