【仮想通貨】『KYC』とは?【用語集】

初心者向けの基本知識

【仮想通貨】『KYC』とは?【用語集】

KYC (読み)けー わい しー

KYCとは、Know Your Customerの略で、和訳すると顧客確認(本人確認)という意味です。

銀行などで口座開設を行うために必要な本人確認の手続きは、仮想通貨取引所で口座開設を行う際にも必要で、これは法律で義務付けられています。

なぜこのようなKYCが必要なのかというと、マネーロンダリングやテロへの資金流出といった犯罪を抑止するためです。

仮想通貨の基盤システムであるブロックチェーンは管理者が存在せず、国や企業、特定の個人と直接のやり取りができる。という所も大きなメリットの1つです。

しかしその分、犯罪に利用されてしまう可能性もゼロではありません。

このような事態を防ぐためにも、取引所でKYCをしっかりと実施していれば、仮想通貨が犯罪に使われる可能性は最小限にとどめる事ができます。

また、仮に犯罪に利用されてしまったとしても、個人を特定する必要情報が全て揃っているので、犯人を特定しやすいといったメリットがあるのです。

【初心者向け】仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違いとは?