2019年に注目すべき4つのエネルギー関連ブロックチェーン企業

ニュース

2019年に注目すべきエネルギー分野のブロックチェーン企業はどこでしょうか。

新しいエネルギーブロックチェーンの発想が毎週のように生まれている中で、数あるベンチャー企業の中から選ぶ必要があります。

エネルギーやブロックチェーン企業の内部事情に通じているインサイダーによると、以下の4社は注目する価値のあるものだとしています。

1.Electron

英国のロンドンを拠点とするトレーディングプラットフォーム開発者のElectronは、「順調に進んでいる」と、再生可能エネルギー暗号通貨SolarCoinに所属するブロックチェーン技術開発者であるElectriCChainの共同創設者であるFrançois Sonnetは述べました。

Electronがブロックチェーンエネルギー取引を計画する企業より際立っているのにはいくつかの理由があります。

まず1つめは、男性比率の多いブロックチェーン業界の中で、トップチームに女性の共同創設者であるJoanna “Jo-Jo”Hubbard氏がいるという数少ないベンチャーの1つだということ。

また、最も重要なことは、同社は20181月に東京電力が事業に早期参入したことで、世間で評判になっていたICOを避け、パートナーシップを構築することを優先することで、エネルギー業界の大手企業からの投資を求めているという点です。

詐欺誇大宣伝に 悩まされているこの分野では、実地的なビジネスアプローチは、賢明なロードマップを持つ堅実な企業としてのElectronの評判を強固にするのに役立ちました。エネルギー版eBayを創出するという動きは、2019年に注目を集めるに値します。

2.Energy Web Foundation (EWF) 

ほとんどのエネルギーブロックチェーンベンチャーは分散台帳技術の上にアプリケーションを構築しようとしていますが、Energy Web FoundationEWF)は分散台帳技術そのものを検討しています。

EWFは、Ethereumをベースとした、ほとんどのエネルギーブロックチェーンの現在の標準は、実際の目的に適していないことを認識しており、業界固有のプラットフォームづくりに取り組んでいます。

EWFは、すでにネットワークの一部、または、参加を計画している従来の企業を含む、多数の企業にとって有望に見えます」と、住宅用エネルギーブロックチェーン会社Vervの創設者であるPeter Davies氏は述べました。

同氏によると、EWFは、エネルギー部門の規制や運用および市場のニーズに合わせて特別に設計された、オープンでスケーラブルなブロックチェーンプラットフォームの構築を計画しているという。

10月には、EWFは、消費者が家庭で発生したエネルギーを世界中の市場で売ることを可能にするブロックチェーンを構築したことを明らかにしました。

3.LO3 Energy

私たちが調査した専門家によると、ニューヨークを拠点とするLO3 Energyは、最も引用されているエネルギーブロックチェーン名として注目されています。7月には、同社はEWFとのデータ標準化パートナーシップを発表しました。これは業界にとって大きなメリットであることを約束します。

Energy UnlockedCEOLO3のコンサルタントであるMolly Webb氏は、2019年はこのようなベンチャー企業が現実世界に影響を与え始める年になるだろうと語りました。「エネルギー公益事業のビジネスモデルは衰えつつあります」と彼女は言いました。「ブロックチェーンバブルが破裂しました。どちらの理由からも、実際の顧客による、実際のユースケースが重要です。

ブロックチェーンでの卸売エネルギー取引など、より重要な変化のいくつかは、おそらく2020年代までは伸びないだろうと語ったものの、その間に、LO3Electronなどの企業はさらなるコアプロトコルを開発することを期待されています。

私は、我々が考えているような挑戦的なプロダクトが今年のうちに発表されることになっても驚かないでしょうね。」とMolly Webb氏は言います。「実際にそうならなければがっかりです。

4.Power Ledger

Power Ledgerは、豪州のエネルギー取引プラットフォームが米国タイ日本とは異なる地域でイニシアチブを開始したという慌ただしい年のなかで、4社のうちの1社として注目を集めました。

2019年に直面するであろう問題は、他のP2Pのエネルギー取引プラットフォームとともに、その基礎となるブロックチェーン技術が未だに多数の低価値取引に対処するのに十分に備えられていないということです。

FlexiDAOの共同創設者兼最高執行責任者であるJoan Collell氏は、「ブロックチェーンは成熟したテクノロジーではありません」と述べ、再生可能エネルギー生産と消費をリアルタイムで一致させるために分散元帳を使用しています。

P2P取引のような未来的なユースケースに焦点を当てるのではなく、今は基本的なことを円滑にするための期間です。規制順守、将来性のある技術の拡張、そして使いやすいユーザーエクスペリエンス」だと彼は述べました。