マイニングによる電気消費量が問題のビットコイン、実際には銀行の方が環境に害を与えていると非難

ニュース

主要メディアでは、ビットコインが環境にもたらす危険性についての警告を発しており、私たちは以前からこのような単純化しすぎた議論を何度も聞いたことがあります。

しかし、Bitcoinのエネルギー消費量が多いことを認めるとしても、実際には、巨大な二酸化炭素排出量である従来の金融機関と比べると大した量ではありません。

「ビットコインは石油」

かつてBitcoinマイナーで、現在は暗号化会社OcuisのパートナーであるジャーナリストのEthan Lou氏は、今週のGuardianの記事に「あなたはBitcoinについて知らないかもしれないが、それは惑星を殺している」  書いています。

それを読めば、ビットコインが環境保護運動の敵として生まれ変わるでしょう。

今日すぐに、というわけではありませんが、石油量が収縮したり変化したりしたときに、環境保護主義者にとっての目標が少なくなる日が来るかもしれません。そのとき、ビットコインは自然の次の敵となります。

この記事では、電力問題によるマイニング現場の閉鎖にはさらなる警戒の余地があるとしており、仮想通貨の採用が必然的に拡大する中で、企業は採掘権を求めて戦い続けるだろうと付け加えています

また、これらの会社は同じような問題に直面し続けるであろう、とも著者は主張しています。

「学者やメディアは、マイニングの電力使用量を長い間指摘してきましたが、2018年には、環境と進歩に関する出版物が警告を鳴らし始めた年となった」とLou氏は書いています。

「では銀行を責めないのはどうしてですか?」

仮想通貨のマイニングが大量の電力を使用するのは事実です。そして、環境保護論者が最近何度もビットコインをターゲットにしてきたことも確かに事実です。

しかし、私たちが知的な議論をするのであれば、すべての事実を見なければなりません。特に、銀行が大量なエネルギー消費の最大の原因となっている場合、想定される環境への影響について仮想通貨を攻撃することは紛らわしいことです。

Katrina M. Kelly-Pitou博士(ピッツバーグ大学電気電子工学研究員)は、このことを記事で明らかにしました。 「ビットコインとエネルギーに関する会話は単純化されすぎている」と彼女は主張しています。

銀行業務では、年間推定100テラワットの電力が消費されます。ビットコイン技術が現在の市場規模の100倍以上成長するとしたら、それでもやはり全エネルギー消費量の2%にすぎません。

銀行がどれだけのエネルギーを使用しているかを見るだけでなく、どのような種類のエネルギー使用しているかを検討することが重要です。

通常、ビットコインのマイニングは、需要に対して余っていて、無駄になってしまうであろうエネルギーを使用します。大抵の場合、石炭のような汚れた基本電力を使用しません。

一方、銀行は化石燃料産業に何十億ドルもの資金を注ぎ込んできました。( JP Morgan Chaseは石油と石炭の採掘への資金提供を非難している。)

さらに、Kelly-Pitou博士はビットコインのマイニングがアイスランドを使用することが一般的になりつつあることを例に挙げています。

アイスランドは、ほぼ100%の再生可能エネルギーに依存しているので、そのエネルギー消費は環境への負担という観点でみると比較的穏やかなものです。

メディアは、仮想通貨を批判のターゲットにするより、化石燃料への依存がより環境に優しいものに置き換えられるべきである銀行を含む主要産業に焦点を合わせるべきです。

世界的な金融システムをめぐる腐敗した仕組みが気候変動の悪化を助長している場合、真に有用で変革的な金融システムであるビットコインが、環境に優しくないと非難されているのは皮肉なことです。

ビットコインは、それとは対照的に、地球上にほんのわずかな足跡しか残していないからです。