ビットコイン先物取引所Bakktが採用活動を開始

ニュース

期待が高まる取引開始に先立ち、ビットコイン先物取引所であるBakktは採用活動を開始しました。

同社は、8つの新しい求人を火曜日に公式サイトで公開しており、モバイルおよびブロックチェーンの開発者を含む、経験豊富なソフトウェア開発者を数人探しています。

例えば、北米またはアジアでの経験を持つ機関営業部長や、財務、セキュリティエンジニアリング、ブロックチェーンエンジニアリングの上級職など。

インターコンチネンタル証券取引所(ニューヨーク証券取引所の親会社)によって設立された暗号デリバティブの機関投資家向け規制取引所であるBakktは、昨年1212日に稼働を開始する予定でしたが、発売は2回延期されました。

インターコンチネンタル証券取引所(ニューヨーク証券取引所の親会社)によって設立された、仮想通貨デリバティブの機関投資家向け規制取引所であるBakktは、2018年1212日に稼働を開始する予定でしたが、2回延期されています。

延期については、当初124日までの予定で、同社は「顧客のオンボーディング」と「規制当局の承認を確保」の必要性を挙げていたが、現在ではBakktの顧客に代わってビットコインを管理する計画について、商品先物取引委員会(CFTC)が認可をするまでの間は、無期限に延期されることになっています。

この遅れにはアメリカ政府による操業停止命令 が影響しています。CFTCが、パブリックコメントをするためには少なくとも30日を必要としますが、この期間が終了した後でコメントを確認して決定を下すには、さらに長い時間がかかる場合があります。そして、このコメントに必要な期間は不明です。

しかし、Bakktのチームは今週初め、18250 万ドルもの資金調達ラウンドを締め切り、独立系の先物取引業者であるRosenthal Collins GroupRCG)の資産取得ました。

BakktCEOであるKelly Loeffler氏は、RCGのスタッフと技術を巻き込み、リスク管理やマネーロンダリング防止、KYC、および財務業務の改善を支援するとしています。

彼女のこれまでで最も著名な採用は、ユニコーン企業であるCoinbaseで最も勤勉な従業員の1人であるAdam White、昨年、最高執行責任者としてBakktに入社しています。